2009年6月 4日 (木)

Sakiko.E married on '08.9.27 レース刺繍を隠すサテンシルクオーガンジー

00

南麻布にある有栖川清水

01

落ち着いた和風建築の披露宴会場です。

02

Sakikoさんにご用意したのは、

サテンシルクオーガンジーの、ウェディングドレス。

03

Siestaの定番ラインのひとつです。

04

上質な生地で出来た、少し控えめなデザインは、

05

どんな会場にもよく似合います。

06

丁寧に仕立てられた、

柔らかいドレスです。

07

頭と腰にシルクフラワーを載せて、

08

少し華やかなパーティーの装いです。

09

畳の上に座って。

生地の質感がよく出た写真です。

10

和室の光に似合う、落ち着いたウェディングドレス。

細部をアップで見て見ましょう。

上身頃は繊細なソルティスのレースを、

前面に刺繍したもの。

ピンクのサテンシルクオーガンジーで、

ランダムタックのベルトを作り、

彩りとしています。

11

控えめでほんのり薄いベルトがアクセントです。

前面レースの身頃仕立ては、

特に縫い合わせる部分が、高度の技術を必要とします。

12

後はもちろんくるみボタン。

飾りでつけたくるみボタンと違って、

本当に手で留める、とても手間のかかる仕立です。

13

スカート部分のアップです。

当日のお写真では気づきにくい、

繊細なレース模様が透けて見えているのがお分かりだと思います。

一番上のサテンシルクオーガンジーをめくってみると、

14

シルクの上に、

レース刺繍を施した柔らかいチュールを重ねています。

15

下のシルクを外して、木の床の上に置くと、

レース刺繍の模様がはっきり見えます。

16

身頃と同じく、ソルティス社の最上質のレースを、

チュール全面にデザインして、一つ一つ手で縫いとめています。

気の遠くなるような、根気のいる作業です。

そうして出来たゴージャスなチュールスカートの上に、

あえて、

17

地目のそろった、上質のサテンシルクオーガンジーをかぶせて、

レース刺繍を隠しています。

サテンシルクオーガンジーは半透明ですので、

(写真ではほとんど見えませんが)、

肉眼ではうっすら、スカートのレース刺繍が見えます。

18

最上質の素材、手間のかかる仕立て、

それらをあえて控えめに見せる構成です。

このようにSiestaのドレスは、

写真だけでは分かりにくい、

上質の素材感と高度な仕立てをしているものですので、

是非一度ご来店されて、

ドレスの感触をお確かめ下さい。

19

Sakiko様は少し大きめのヘッドドレスをつけて、

二次会会場に向かわれました。

到着した先は、

20

ライブハウスです。

22

Sakiko様はサックスを吹かれたのですが、

23

和室と同じ様に会場にマッチするウェディングドレス姿は

24   

このように上質な生地と、繊細な仕立てがあってのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

Akiko.K married on '07.12.1 一枚布のドレーピングスカートのドレスで

'08秋のドレスがつくられはじめる際にはじめた

'07秋のドレスづくりの連載でしたが、

Img_1044 

AkikoさんもMariさんの記事も書きかけのまま

'09春のドレスづくりがはじまってしまいました。

またもや中断してしまった連載の真ん中でwebマスターが、

Img_3866

当初、この連載の最後にご紹介をと考えていた、

'08 5月の花嫁 Tomomi様のキトン風ワンピースドレスをご紹介いたしました。

.

現在はまた、'09 5月の花嫁様たちのドレスづくりに追われる毎日ですが、

Img_0982

Akikoさんの白ドレスに続いて色ドレスを、

そしてMariさんのお式当日の写真をご紹介して、

Img_6149

ひとまずこの連載を終えさせていただきたいと思います。

.

Akikoさんは、お式の際の白ドレスと同じく

胸元からベルトにかけての生地を造形した身頃が特徴的な、

Img_0859

一枚布でドレーピングをした造形的なスカートの色ドレスで、

クールなイメージの白ドレスから温かく優しい雰囲気へと、お色直しをされました。

Img_0843_4

造形身頃の内側には素材刺繍を施したレースのビスチェ、

造形スカートの内側にはふんだんに刺繍をしたチュールレース、

Img_0856

身頃とスカートのドレープの終着点である胸元と腰にはそれぞれ、

共布でつくった巻きバラを飾り、

Img_0847_2

サッシュベルトと同じ、ペールピンクシルクのリボントレーンを引いて。

Img_1084

Akikoさんのご希望にそっておつくりした

優しく温かみのある色合いのシルクの、上品で可愛らしいこのドレスは、

Img_0992

いつも礼儀正しく、笑顔が素敵なAkikoさんによくお似合いでした。

Img_0989

お式当日、Akikoさんと共にしごく自然に心温まるような笑顔で、

まわりの方への気配りと心遣いを常にされてらしたお母様の姿に、

Img_0812

Akikoさんの笑顔が素敵なわけと、お2人の築かれる温かなご家庭を

垣間見た気がしたような、'07 12月のお式とご披露宴でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

M's Tomomi.C. married on '08.5.25

ご会場はコルディアーレ青山、

Img_3347_2

Img_3230_2

ご主人はイタリアのアパレルブランド勤務、

Img_2628

Img_2585

そんなTomomi様にご用意したのは、

Img_2338

クレープサテンとシフォンの、

Img_2340

スタイリッシュなドレスです。

Img_2343

肩から胸元の部分は、シルクシフォン

切り替え部分には刺繍を施しました。

スカート部分は少し色のついたクレープサテン。

いずれもストレッチ性の素材です。

Img_2557

Img_2558

このようなストレッチ性の素材は、

縫い子泣かせの、やっかいな性質を持っています。

触っただけで伸びてゆきますから、

まずは型紙どおりに切り出すだけで一苦労。

縫い合わせたり、端を処理する時も、

少しでも力を入れすぎると、

台無しになってしまいます。

Img_2675

Img_2663

全てが上手くいったときだけ、

軽く、柔らかく、現実感の薄いドレスが仕上がります。

Img_2646

Img_2688

Img_3356

Img_2816

Img_3086

コルディアーレでのパーティーが終わったあと、

近くで撮影をしました。

Img_3820

生地を手に持った時のドレープ感。

この味わいが欲しくて苦労をしておつくりいたしました。

Img_3845

Img_3858

Img_3866

Img_3876

Img_3879

Img_3880

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

Akiko.K married on '07.12.1 一枚布のドレーピング身頃のドレスで

アトリエワーク、久しぶりの更新です。

.

Mariさんの、ピンク色を配したキトン風ドレス、

http://siesta.tea-nifty.com/atelier_work/2008/08/mariu_married_o.html

お式当日のMariさんのお写真アップの、その前に。

コンラッド東京

一枚布で構成する服、「キトン」、

パターン(型紙)から考えると、よりキトン的要素の高い、

パターンワークの面白いドレス、

Img_0156

やはりクレープサテンシルクでおつくりさせていただいた、

Akikoさんのお式時のワンピースドレスをご紹介いたします。

.

落ち着いてモダンな雰囲気の、ウォーターフロントのホテルで、

Akikoさんはお式を挙げられました。

コンラッド東京、ウェディングドレス

スタッフ曰く、音楽的な「響き」の感じられる、独特な空間、

クールでありながら、柔らかさをも感じさせる、

コンラッド東京、ウェディングドレス

お二人の選ばれたご会場での、Akikoさんの白ドレスには、

Img_0214

シルヴァーのレース刺繍と、優しい藤色のシルクが使われています。

Img_0587

型紙、とくに原型をおこすのは、数値に基づく、知的な作業です。

コンラッド東京、ウェディングドレス

Akikoさんは、茎の長いアマリリスを束ねた、

シンプルでストイック、知的な印象の白ブーケを希望されました。

Img_0519_2 

基本的にシンプルなデザインのドレスに、お背中のドレープや、

Img_0683

ブーケに巻いたリボンとお揃いの生地でつくった肩ヒレで、

コンラッド東京、ウェディングドレス

生地の動きや表情の豊かさが出せるようにおつくりしました。

Img_0633

パタンナーの金子が一番こだわったのは、

コンラッド東京、ウェディングドレス

胸元のドレーピングです。縫い目が全く無い、一枚布の身頃です。

Img_0065

数学的な思考に基づいて、職人的な手仕事が為されている、

コンラッド東京、ウェディングドレス

知的でクールでありながら、ハートの優しさの感じられる、

Akikoさんは、そんなドレスの似合われる、花嫁様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

Mari.U married on '07.11.10 シフォンやクレープサテン生地の表情を生かすドレスで

Img_67390

Mariさんのキトン風お色直しドレス、本仮縫いでのお写真です。

ダーツ、縫い目の全くない、クレープサテンシルクの一枚布スカートは、

前中心のギャザーとパターンラインの調整、

生地の性質による落ち感によって、お体のラインに沿わせています。

Img_67091

衿部分はペールピンクのサテンシルクオーガンジー、

ベルト部分はベビーピンクのシルクシフォン、

肩や腕などの動きやすい箇所、つまり衿や袖を、

薄く柔らかい生地でつくるための、フィッティングや縫製は大変難しく、

Img_67222

けれど、肩や背中のラインを女性らしく、美しく見せるために、

優しい印象の生地でつくる、流れるようなラインのキトン風肩袖は、

花嫁の最も多いご要望の一つです。

本仮縫いでは、実際の生地を使っての仮縫い、

つまりドレーピングを行って、最終パターンを完成させます。

Img_67325

ご本人に密着させていただいてのフィッティングも、

パターン通りの裁断が難しいほどに繊細な生地の扱いも、

作業は困難を極めますが、日本人女性にはよく似合います。

Img_67763

オーガンジーのリボントレーンは衿部分からつながっています。

花嫁の所作やお体の動きを美しく見せてくれる

こうした一枚布で出来た部位を、私たち製作スタッフは、

衿ショールですとか衿ヒレなどと呼んでいます。

Img_68204

平面上のパターン操作だけでも、立体裁断だけでもつくれない、

このようなドレスづくりは、

和と洋の違いや東西の分け隔てを感じさせない衣装、

古代ギリシャのキトンやインドのサリーを思い起こさせます。

Img_68536

ドレス全体も、スカート全面のレース刺繍も

しつけ縫いのままですが、

ご本人の動作による生地の動きを見せていただくため、

少し歩いていただきました。

Img_69297

サッシュベルトと同生地のシルクシフォンを入れ込んだ、

腰のレース刺繍バッスルリボンにつらなるレース刺繍トレーンを、

大きく広げて付けると、ドレス姿が華やかに、

Img_68728

小さく寄せて付けると、ご本人や生地の動き、表情が、際立って見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

Mari.U married on '07.11.10 レースの柄や生地の質感を生かすドレスで

Img_0226

Mariさんが二次会でも着られた、

お色直し用のキトン風のワンピースドレスのご紹介の、

その前に。

彼女がこだわってつくられた、

お式時の白ドレスもご紹介させていただきたいと思います。

Img_9766

Mariさんは、お式を挙げられる横浜の教会に似合う、

お色直しのドレスとは、生地も素材も、

デザインコンセプトもちょうど対極にある、

正統的でクラシカルな白ドレスをご希望されました。

Img_9869

教会での後姿を美しく見せてくれる、背中のシルクくるみボタンと、

ドレスのシルク生地を染めてつくったコサージュ、バックリボン、

Img_9771

肩や背中のお肌を、繊細な総リヴァーレースで覆う長袖の、

Mariさんの大好きなグレースケリーのウェディングドレスを

皆で意識しながら、楽しくつくらせていただきました。

Img_9702

とても繊細なリヴァーレースの、ゆるみ分をギリギリまで削り、

お体にフィットした美しいラインをつくりながら、

Img_9701

それでいて、肩や腕を動かしやすいように、

微妙なパターン(型紙)ラインを確定するという作業は、

Img_9962

机上のパターン操作だけではなし得ないことです。

目と手、感覚の強い、優れたフィッティングパタンナー、

Img_0214

そして、傷つきやすいレース生地の縫製もまた、

ベテランのアトリエスタッフなくしては、出来ないお仕事です。

Img_9219 

スカートパターンのラインは、

フロントがベルラインっぽくバックがAライン調の、

グレースケリーのウェディングドレススカートに習って。

生地も同じく、柔らかいオフホワイトのシルクでお仕立てしました。

Img_9792_2

マリアヴェールに憧れられて、けれど教会のお式だからと

お顔に被る、フェイスヴェールを選ばれたMariさんに、

Img_9909

無地のロングフェイスヴェールの内側、お顔まわりに、

バックリボンに使ったものとお揃いの、幅狭のリヴァーレースを配して、

Img_9788

フェイスヴェールでありながら、マリアヴェールの魅力を実現出来る、

新しいヴェールをご提案、新たに作成させていただきました。

Img_9922

アンティークピンクシルクのバックリボンロングトレーンは、

クリスチャン・ディオール創始期の、

クチュールドレスのラインを意識しておつくりしました。

お色直しのドレスづくりが新しい試みであるのと対照的に、

懐古的なデザイン作業と、確実な製作手法が求められる、

Mariさんのお式に心を寄せてご用意した、花嫁衣裳でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

Mari.U married on '07.11.10 2度のご試着を通して

Img_9366

昨年11月にお式を挙げられたMariさんは、

動きがあって、表情の豊かなワンピースドレスを、

お色直しのドレスに選ばれました。

初回ご試着時のお写真。

Img_1573

お式の白ドレスに、大きな膨らみの

ツーピーススカートのドレスを希望されてのご試着。

Img_1598

緊張をしてまだ少し、ドレスに慣れないでいらっしゃるようです。

Img_1692

2着のドレスのラインを変えたいというご希望で、

スレンダーのドレスも着ていただきました。

2度目のご試着です。

大きく膨らんだドレスを、自然に着こなしていらっしゃいます。

Img_5789

肩を出すのが気になられるとのことで、

柔らかいお袖をあてて、2度目の撮影をしました。

Img_5796

お顔の表情もご姿勢もグッとエレガントになられ、

お勧めさせていただくドレスが見えてきました。

お色直しのドレスにぜひと、シルクオーガンジーの

キトン風ワンピースドレスを着ていただきました。

Img_9365

軽くメイクもさせていただいたお顔のご表情が華やいで、

しっくりとドレスのもつ表情と馴染まれています。

Mariさんは生地を操るすべを、2度目のご試着でマスターされたようでした。

Img_9361

Img_9405_2

Img_9402

とても楽しそうにキトン風ワンピースドレスの生地を動かされ、

能動的にドレスを着こなすことの喜びを覚えられたMariさんに、

Img_9434

Img_9435

Img_9431

クチュールの業界で最も旬な生地、価格も高騰し入手しにくくなっていた、

光沢のあって柔らかいクレープサテンシルクを使って、

夢のあるキトンドレスをおつくりしようと、デザインを考え始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

生地を生かしたキトン風ドレスで(はじめに2)

現在('08年6月)から振り返ってみますと、

Img_6520

'07年秋には、ドレープ感、生地の表情の豊かな

より柔らかいラインに向かったように思われます。

Img_6865

上の2着は、「マリア」と同じシルクの白ドレスと色ドレス、

昨秋シーズンの最後におつくりしたドレスでした。

Sag055

以前におつくりしていたハイウエストドレスは、

生地の質感や動きを生かすドレーピングよりも

Ht1011

たとえばレース刺繍を着物の柄のようにと、

ワンピースを日本の着物になぞらえて

目に映る平面的な世界を表現しようと、

ドレスづくりを試みることが多かったように思います。

その後、パターンの展開による

立体感あるドレスを数多くつくり始める中で、

Ai1481

ギリシャのキトンやインドのサリーを思わせるような、

生地の造形、ドレーピングに向かうようになりました。

Ai1261

着物でいえば、人の手によって仕上げる、

帯のような生地使いでしょうか。

今春は、お式時の白ドレスにも

ワンピースドレスを着られる花嫁が、

とても多いシーズンとなりました。

こちらは4月の花嫁様、

_dsc7281

こちらは5月、つい先日のお写真。

Img_3866

花嫁様のお式が最多で、今春のピークでした日の一枚、

'08春ラインの最後の一着となったワンピースドレスです。

Img_3877

ギリシャ風のコーディネートで。

昨秋に始まり、多くつくられるようになってきた

キトン風ドレスの、最新のカタチといえるかもしれません。

そしてまた、'08秋のドレスがつくられはじめる今、

'07秋のドレスづくりを思い返してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

生地を生かしたキトン風ドレスで(はじめに1)

2007年秋に終えたアトリエワークの連載、

「ハイウエストビスチェワンピースドレス」

Img_8210

http://siesta.tea-nifty.com/atelier_work/

の続編をはじめさせていただきます。

Img_6888

ハイウエストビスチェワンピースドレスは、

'07年春シーズンにはとくに、多くおつくりしたラインでした。

連載の終了後、'07秋シーズンにおつくりした、

Img_6966

白ドレスのメインラインであるツーピースドレス、

ワンピースよりずっと数の多い、その製作に併行して、

Wd0591

お色直しのドレス、2着目のドレスとして、

'07年は秋にも、ハイウエストドレスを多くつくらせていただきました。

シーズンのスタートを切ったワンピースドレスは、

Img_2159_3

こちらの「マリア」というドレスでした。

今回の連載では、「マリア」以降おつくりした

'07年秋シーズンのワンピースドレスを、

順次ご紹介してゆきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

ハイウエストビスチェドレス(9)後編

Img_7624

ご披露宴が終わられて、ご会場の庭にふと目をおとすと、

Chihiroさんがご自身のお仕事でつくられそうなデザインの池に、

この日咲いていた、一輪のピンクの蓮の花が。水に浮かぶこの花が、

彼女にいちばんよく似ているような、そんな気がしました。

Img_8252

お食事を召し上がった後、二次会のためのヘッドチェンジをされて。

Img_8233

二次会までは、生花のヘッドドレスは美しくもたないため、シルクフラワーを飾って。

Img_8224

Chihiroさんは、草原で花を摘んで束ねたような、このブーケをもたれて、

これからの一生ずっと大切な思い出となられた、

彼女が生まれる以前からずっとこの地に在る、

人生のお仕事と同様に大切な建物、かけがえの無い場所を後にされました。

Img_8063

プレタポルテライン、プレタポルテドレスの最大の魅力は、

ご本人が選ばれるものであること、最終的にその一点に尽きます。

Img_7947

花嫁が、ご自身の力で手に入れられた、

晴れの日に咲く美しい花、花嫁姿を。

Chihiroさんとの思い出と共にご紹介いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ハイウエストビスチェドレス(9)前編