« ハイウエストビスチェドレス(7)後編 | トップページ | ハイウエストビスチェドレス(8)後編 »

2007年10月22日 (月)

ハイウエストビスチェドレス(8)前編

Img_7759 

(7)でお伝えした仏製金糸入りリヴァーレースを、

やはり最高級の仏製薄シルクオーガンジーに透かし見せる、

繊細で凝ったつくりの、取り外し可パフ袖をおつくりしました。

Img_3914

本仮縫い時のお写真。最終的に使われることになった、

ソフトチュールヴェールと同じ生地も、袖の中に入れ込んでつくることに。

Sc954

お式後にChihiroさんが送ってくれた、リングピローのお写真。

お分けしたドレスのレース生地を使った、Chihiroさんのお母様、手づくりの品です。

Img_7205

ヘアメイクコーディネートでのお写真。

Siestaでは、ドレスに似合うヘアメイクをしていただくために、

実際にヘアメイクをさせていただいた上で、ご試着、フィッティングをすることがあります。

そのお写真を、たとえばリハーサルで、担当のヘアメイクさんに見ていただくことは、

言葉よりも雄弁なコミュニュケーションにつながります。

Img_7307

こちらのバックも、お母様がつくられた物です。

レースと、やはりドレス共布の、オーガンジーとペールピンクシルクを使って。

オーガンジーの下にレース刺繍が透けています。

家庭科の先生をされていらっしゃる、Chihiroさんのお母様ならではの作品でした。

Img_7264

Chihiroさんのドレスは身頃だけでなく、スカートのトレーン部分でも、

金糸入りレースが薄オーガンジーに透けるよう、おつくりしていました。

ドレスデザインに合わせてつくって下さった、そのコーディネート能力に。脱帽です。

|

« ハイウエストビスチェドレス(7)後編 | トップページ | ハイウエストビスチェドレス(8)後編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイウエストビスチェドレス(8)前編:

« ハイウエストビスチェドレス(7)後編 | トップページ | ハイウエストビスチェドレス(8)後編 »