« 2007年10月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月 7日 (土)

生地を生かしたキトン風ドレスで(はじめに2)

現在('08年6月)から振り返ってみますと、

Img_6520

'07年秋には、ドレープ感、生地の表情の豊かな

より柔らかいラインに向かったように思われます。

Img_6865

上の2着は、「マリア」と同じシルクの白ドレスと色ドレス、

昨秋シーズンの最後におつくりしたドレスでした。

Sag055

以前におつくりしていたハイウエストドレスは、

生地の質感や動きを生かすドレーピングよりも

Ht1011

たとえばレース刺繍を着物の柄のようにと、

ワンピースを日本の着物になぞらえて

目に映る平面的な世界を表現しようと、

ドレスづくりを試みることが多かったように思います。

その後、パターンの展開による

立体感あるドレスを数多くつくり始める中で、

Ai1481

ギリシャのキトンやインドのサリーを思わせるような、

生地の造形、ドレーピングに向かうようになりました。

Ai1261

着物でいえば、人の手によって仕上げる、

帯のような生地使いでしょうか。

今春は、お式時の白ドレスにも

ワンピースドレスを着られる花嫁が、

とても多いシーズンとなりました。

こちらは4月の花嫁様、

_dsc7281

こちらは5月、つい先日のお写真。

Img_3866

花嫁様のお式が最多で、今春のピークでした日の一枚、

'08春ラインの最後の一着となったワンピースドレスです。

Img_3877

ギリシャ風のコーディネートで。

昨秋に始まり、多くつくられるようになってきた

キトン風ドレスの、最新のカタチといえるかもしれません。

そしてまた、'08秋のドレスがつくられはじめる今、

'07秋のドレスづくりを思い返してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

生地を生かしたキトン風ドレスで(はじめに1)

2007年秋に終えたアトリエワークの連載、

「ハイウエストビスチェワンピースドレス」

Img_8210

http://siesta.tea-nifty.com/atelier_work/

の続編をはじめさせていただきます。

Img_6888

ハイウエストビスチェワンピースドレスは、

'07年春シーズンにはとくに、多くおつくりしたラインでした。

連載の終了後、'07秋シーズンにおつくりした、

Img_6966

白ドレスのメインラインであるツーピースドレス、

ワンピースよりずっと数の多い、その製作に併行して、

Wd0591

お色直しのドレス、2着目のドレスとして、

'07年は秋にも、ハイウエストドレスを多くつくらせていただきました。

シーズンのスタートを切ったワンピースドレスは、

Img_2159_3

こちらの「マリア」というドレスでした。

今回の連載では、「マリア」以降おつくりした

'07年秋シーズンのワンピースドレスを、

順次ご紹介してゆきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年7月 »