仕立て

2009年6月 4日 (木)

Sakiko.E married on '08.9.27 レース刺繍を隠すサテンシルクオーガンジー

00

南麻布にある有栖川清水

01

落ち着いた和風建築の披露宴会場です。

02

Sakikoさんにご用意したのは、

サテンシルクオーガンジーの、ウェディングドレス。

03

Siestaの定番ラインのひとつです。

04

上質な生地で出来た、少し控えめなデザインは、

05

どんな会場にもよく似合います。

06

丁寧に仕立てられた、

柔らかいドレスです。

07

頭と腰にシルクフラワーを載せて、

08

少し華やかなパーティーの装いです。

09

畳の上に座って。

生地の質感がよく出た写真です。

10

和室の光に似合う、落ち着いたウェディングドレス。

細部をアップで見て見ましょう。

上身頃は繊細なソルティスのレースを、

前面に刺繍したもの。

ピンクのサテンシルクオーガンジーで、

ランダムタックのベルトを作り、

彩りとしています。

11

控えめでほんのり薄いベルトがアクセントです。

前面レースの身頃仕立ては、

特に縫い合わせる部分が、高度の技術を必要とします。

12

後はもちろんくるみボタン。

飾りでつけたくるみボタンと違って、

本当に手で留める、とても手間のかかる仕立です。

13

スカート部分のアップです。

当日のお写真では気づきにくい、

繊細なレース模様が透けて見えているのがお分かりだと思います。

一番上のサテンシルクオーガンジーをめくってみると、

14

シルクの上に、

レース刺繍を施した柔らかいチュールを重ねています。

15

下のシルクを外して、木の床の上に置くと、

レース刺繍の模様がはっきり見えます。

16

身頃と同じく、ソルティス社の最上質のレースを、

チュール全面にデザインして、一つ一つ手で縫いとめています。

気の遠くなるような、根気のいる作業です。

そうして出来たゴージャスなチュールスカートの上に、

あえて、

17

地目のそろった、上質のサテンシルクオーガンジーをかぶせて、

レース刺繍を隠しています。

サテンシルクオーガンジーは半透明ですので、

(写真ではほとんど見えませんが)、

肉眼ではうっすら、スカートのレース刺繍が見えます。

18

最上質の素材、手間のかかる仕立て、

それらをあえて控えめに見せる構成です。

このようにSiestaのドレスは、

写真だけでは分かりにくい、

上質の素材感と高度な仕立てをしているものですので、

是非一度ご来店されて、

ドレスの感触をお確かめ下さい。

19

Sakiko様は少し大きめのヘッドドレスをつけて、

二次会会場に向かわれました。

到着した先は、

20

ライブハウスです。

22

Sakiko様はサックスを吹かれたのですが、

23

和室と同じ様に会場にマッチするウェディングドレス姿は

24   

このように上質な生地と、繊細な仕立てがあってのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

ループ

Siestaのドレスを彩ってきた、

くるみボタン&ループ。

A125

今回はこの内部をお見せいたします。

こちらは本仮縫い状態の上身頃です。

Img_9245_2

一見綺麗に仕立てあがっているように見えます。

Img_9251

しかし内部を見ると、裏地がついていません。

Img_9259

そして、くるみボタン&ループで一番難しいのは、

ボタンの方ではなく、シルクループの方なのです。

Img_9271

この仕立ての難しさから、くるみボタンは敬遠されます。

あったとしてもボタンだけが飾りとしてつけられ、

ループはついてない場合が多いようです。

Img_9253

ドレスの表生地に合わせたシルクループを作ることから作業は始まります。

それらをドレスに縫い付けるのですが、

引っ張っても外れないように、しっかりと縫い付けなければいけません。

Img_9255

ループのわっかの大きさは、

大きすぎると見栄えが悪くなりますし、

小さすぎるとボタンがはまりません。

適切な大きさで、均等に縫い付けるのは至難の業です。

それでも手間をかければかけた分だけ、

Yh06_1

品格のある後ろ姿が実現できるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

レースでつくるライン

本仮縫時の画像です。

A 

仮縫後、レースの上にしつけ糸でラインを引いた状態です。

.

このままではもちろん、レースが伸びて破れてしまいます。

しかし、既製品を仕立てるようにテープなどを貼り付けると、

金糸レース(ソルティスの中でも最高レベルの商品です)の、

繊細さと優美さが損なわれます。

そこで、

B

ラインで折り返し、

C

アクセサリー留め金と背中に垂れるアクセサリーチェーン付きの

ホルターネックレスをあてながら、

お体に沿って美しいパターンラインの最終決定をします。

その上で、レースと金紐、ホルターネックレスを、

Img_3912

丁寧につなぎとめてゆきます。

レースが歪んでパターンと異なってしまわないよう、

金紐とレースを縫い合わせることによって、

レースの地の目(生地の向き)を曲線ラインに合わせます。

(横の画像は小さく表示されます。

 画像をクリックしますと大きくなります)

Img_3917

白く丸いのはパールピンです。

本仮縫後元のしつけラインより洗練された曲線が、

金紐によってくっきりと描かれています。

こちらを、

Img_3901

繊細なレースのチュールを傷めないよう、慎重に縫い合わせます。

最後に、生地のカタチを整えて補強をしながら、

金紐にホルターネックレスを縫い付けてゆきます。

仕上がりは、

Img_0852

縫製技術上の必要性と、パターンラインの美しさの強調のために

用いた金紐の上で、

アンティーク半透明素材アクセサリーのヌーヴォー調ラインが

優しく馴染み、

Img_0853_3_1

薄いレースによってお肌の繊細さを生かしつつ、

アクセサリー素材でご表情の豊かさを強調し、

自然でありながら華やぎのある、お顔まわりを実現します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月31日 (月)

レース刺繍のヴェール

Stt082_1

Solstiss(ソルティス)のリヴァーレースをカッティング、

Stt030_1

デザインを確認しながら生地の上に置いてゆき、

Stt081_1_1

仮留め、仮縫いをし、

Stt021_1

本縫いをして、
Siestaのオリジナルヴェールは出来上がります。

Stt022_1

レース柄の花びら、小枝、
そのひとつひとつが細かく縫い留められています。

Stt080_1

様々な長さ、デザイン、色のヴェールをご用意して、

Stt027_1

花嫁、ドレス、会場に合ったものを、
ご提案させていただいております。

Stt049_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるみボタン&パイピングループ

Stt070

Siestaのほとんど全ての上身頃とスカートは、
シルクくるみボタンとシルクループによって留められています。


くるみボタンというのは、
「布でくるんであるボタン」という意味です。
Siestaではその一つ一つを、
自社アトリエで丁寧に手づくりしています。

ドレスが生成りの場合には生成りのシルクでくるみ、
ドレスが白の場合には白のシルクでくるみます。

Stt076 Stt074

ループも、ボタンと同じシルクでつくります。
細く美しいループは、丁寧な手仕事でつくられています。

全てのループをきちんと同じ大きさにして、
その全てを均等な間隔で身頃に縫い込むのには、
充分な経験と技量が求められます。

Stt072

Siestaでは、くるみボタンを並べ縫い付ける、
見返しを付けています。

上の写真は、本仮縫いの際のものです。

見返し上のくるみボタンの左右に浮かび上がるように、
ループと同じ太さのパイピングが施されています。

Stt073

Stt077

上の写真と下の写真では、
身頃に使っているシルクの種類が違います。

くるみボタンとループもそれぞれ、
身頃の生地と同じシルクでつくられています。

Stt078

Stt075

くるみボタンの裏側を見ると、
糸が幾重にもかがられてつくられています。
同じ糸で一つ一つ、見返しに手で縫い付けてゆきます。

ループやパイピングをつくるのも、全て手仕事です。
レースやオーガンジー、何枚もの繊細な生地を重ねながら、
細く美しいパイピングを縫い込んでゆくのは、至難の業です。


国内外を問わず、現代のドレスで、
このようなつくり方のされたものを見ることは、
まずありません。

Stt071

縫製のような職人世界でも、古い物や古い製法が、
必ずしも優れているとは限りませんし、
新しい機材を取り入れたり、合理的な製法を考え出して
よりよい品を作る努力もとても大事です。

けれど花嫁の立ち姿のシルエット、後姿の美しさは、

お式前のお支度時、背筋をすっと伸ばしていただいて、
背中のくるみボタンを一つ一つはめてゆく時の、
日本の着物の帯をきゅっと締める際にも感じられる、
あの豊かな緊張感からこそ生まれるものとSiestaは考えて、

くるみボタンとループによる、身頃合わせをしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

透かしの色スカート

Stt066

クラシックオレンジ色のリヴァーレースを、
モチーフカットし手刺繍した、色ドレススカート。

Stt063

お式にもご披露宴でも着ていただけるように、
レース刺繍オーヴァースカートをリニューアルしました。


生成りのレース刺繍に隠された、

Stt005

Stt006

クラシックオレンジ色のレース刺繍。

両者の模様が重なって、一つの美しい絵柄になるように、
スカートパターン上のレースモチーフ全てがデザインカットされています。


時間をかけて丁寧にカットされたレースモチーフは、

Stt047

その絵柄に沿って一針一針、数人の職人により日数をかけ、手縫いされています。

Stt015

気の遠くなるような長く細かい作業の積み重ねの末に、
自然で柔らかな印象が立ち上がります。

Stt061

オレンジーレース刺繍のオフオーガンジースカートに、
生成りレース刺繍をした生成りオーガンジースカートを重ねて。

Stt060

内側に白っぽい色のシルクスカートを合わせれば、
お式時の白ドレスにもなる柔らかい色調に。

Stt062

お好みの色のシルクスカートにはきかえれば、
サーモンオレンジが印象的なお色直しドレスに。


上質な素材使いと、徹底した作業工程。
上品な花嫁の姿はこうして完成されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柔らかいオフショルダー

Stt001_1

レースでつくられた柔らかいオフショルダー、

肩や二の腕をやさしく覆い、
軽い印象をつくり出す、さりげない袖です。

Stt52

Solstiss(ソルティス)の上質なレースと、
ごく柔らかいシルクオーガンジー生地、

非常に繊細な素材同士を合わせ縫いするという、
細かく確かな手仕事のできる職人あっての製法です。
Stt020

レースの柄の、バラの花びらのカタチに沿って、
薄オーガンジーの細い縫い代を内側に折りながら、
手縫いをしているのがお分かりいただけるでしょうか。

Stt065

一般の人がすれば、
針を通しただけで破れてしまうほどの薄いオーガン生地、
細い糸で編まれたレースの、
手で引っ張れば避けてしまうようにか弱いメッシュ部分。

扱いにくい素材と、成しがたい縫製。

Stt064

熟練された確実な縫いの技術があり、
独自に編み出した補強の方法があって、

儚く優しく、そして気高い、
花嫁衣裳の完成と花嫁姿の存在があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

仕上がり | 仕上げ | 仕立て