仕上がり

2007年10月30日 (火)

ハイウエストビスチェドレス(9)後編

Img_7624

ご披露宴が終わられて、ご会場の庭にふと目をおとすと、

Chihiroさんがご自身のお仕事でつくられそうなデザインの池に、

この日咲いていた、一輪のピンクの蓮の花が。水に浮かぶこの花が、

彼女にいちばんよく似ているような、そんな気がしました。

Img_8252

お食事を召し上がった後、二次会のためのヘッドチェンジをされて。

Img_8233

二次会までは、生花のヘッドドレスは美しくもたないため、シルクフラワーを飾って。

Img_8224

Chihiroさんは、草原で花を摘んで束ねたような、このブーケをもたれて、

これからの一生ずっと大切な思い出となられた、

彼女が生まれる以前からずっとこの地に在る、

人生のお仕事と同様に大切な建物、かけがえの無い場所を後にされました。

Img_8063

プレタポルテライン、プレタポルテドレスの最大の魅力は、

ご本人が選ばれるものであること、最終的にその一点に尽きます。

Img_7947

花嫁が、ご自身の力で手に入れられた、

晴れの日に咲く美しい花、花嫁姿を。

Chihiroさんとの思い出と共にご紹介いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイウエストビスチェドレス(9)前編

自由学園明日館、ウェディングドレス 

2007年夏から秋にかけて、このアトリエワークにてご紹介してまいりました、

ハイウエストビスチェドレスの連載は、この回にて終了となります。

自由学園明日館、ウェディングドレス

(7)話でご紹介した、Chihiroさんのお式時のスタイルは、

調和をはかってつくり上げられたものでした。

ちょうどアトリエで、パターンラインを描くように、点をつなげて線にするお仕事。

白ブーケは、まさにChihiroさんご自身を投影させたような、

ドレスでいえばオーダーライン、お式に相応しく象徴的なお花でした。

Img_7941

Chihiroさんのお色直しスタイルは、

つくり出されたものが調和を成したものでした。

レース刺繍デザインをするように、線によって面をつくるお仕事。

色ブーケはご本人とドレスに似合って、Chihiroさんがそこに立たれると、

歴史のある建物があたかも、新しい空間に成り変わるかのようでした。

Img_7936

ハイウエストのワンピースドレスには、お花のコーディネートがよく似合います。

Img_7975

スカートトレーンとレース刺繍トレーンには、シンメトリーのレースモチーフが配置され、

その構図は、ご会場の建物や窓のデザインに、抽象的にリンクをしています。

Img_8100

花嫁を飾る花々は、ゲストの皆様の気持ちを華やぎ、こころ楽しませてくれます。

Img_8177

胸元のベルト部分とリボントレーンとが続くラインに飾った、腰のバックアレンジメント、

やはりベルト部分に連なるリボンを、取っ手に飾ったブーケ、お揃いのヘッドドレス、

Img_8205

ご会場の庭の緑、エメラルド色の屋根に、ピンク色がテーマの白ドレスとお花が、

自由学園明日館、ウェディングドレス

ピンク色の頬をして微笑まれるChihoroさんに、全てがつながり一体となっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

ハイウエストビスチェドレス(8)後編

Img_9246

ブーケに合わせて、ドレスと同じ生地のリボンを、アトリエで製作することがあります。

Img_5147

Chihiroさんの場合には、ドレス前面に長いリボンが使われているデザインですので、

クラッチブーケをやさしく引き締め、ドレスとブーケをつなげる

短いリボンを、ドレス胸元のタックに合わせておつくりしました。

Photo

お花については、このように簡単なラフをご用意することがあります。

Img_3126

Img_3127

リボンの付け方が分かるよう、お写真を用意しました。

アトリエで生地を巻いてつくった、ワイヤーを縫い付けています。

Img_3128

Img_3129

こうしたお写真を、フローリストさんとの打ち合わせに使っていただいています。

Img_7405

フィッティング時に、花の付け方もシルクフラワーを使ってシミュレーションし、

フローリストさんとの打合せ時に、生花の分量がどのくらいでよいかということはもちろん、

生花ヘッドドレスの付け方、付け位置なども、お写真でご覧いただいています。

Img_5150

Chihiroさんは最終的に、お色直しで少しだけの生花を可憐に飾り、

このドレス本体に、リボントレーンとレース刺繍トレーンを付けることにしました。

Img_5148

強いヘアメイクスタイルやブーケの場合には、ドレスのコーディネートをおさえることが、

表情豊かなドレスの場合には逆に、ヘアメイクスタイルやブーケを馴染ませることが、

ドレスとヘアメイク、お花のコーディネートを考える際の、それが基本になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイウエストビスチェドレス(8)前編

Img_7759 

(7)でお伝えした仏製金糸入りリヴァーレースを、

やはり最高級の仏製薄シルクオーガンジーに透かし見せる、

繊細で凝ったつくりの、取り外し可パフ袖をおつくりしました。

Img_3914

本仮縫い時のお写真。最終的に使われることになった、

ソフトチュールヴェールと同じ生地も、袖の中に入れ込んでつくることに。

Sc954

お式後にChihiroさんが送ってくれた、リングピローのお写真。

お分けしたドレスのレース生地を使った、Chihiroさんのお母様、手づくりの品です。

Img_7205

ヘアメイクコーディネートでのお写真。

Siestaでは、ドレスに似合うヘアメイクをしていただくために、

実際にヘアメイクをさせていただいた上で、ご試着、フィッティングをすることがあります。

そのお写真を、たとえばリハーサルで、担当のヘアメイクさんに見ていただくことは、

言葉よりも雄弁なコミュニュケーションにつながります。

Img_7307

こちらのバックも、お母様がつくられた物です。

レースと、やはりドレス共布の、オーガンジーとペールピンクシルクを使って。

オーガンジーの下にレース刺繍が透けています。

家庭科の先生をされていらっしゃる、Chihiroさんのお母様ならではの作品でした。

Img_7264

Chihiroさんのドレスは身頃だけでなく、スカートのトレーン部分でも、

金糸入りレースが薄オーガンジーに透けるよう、おつくりしていました。

ドレスデザインに合わせてつくって下さった、そのコーディネート能力に。脱帽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

ハイウエストビスチェドレス(7)後編

それがご試着後、Chihiroさんご自身がSiestaのドレスに感じられたことを、

メールで書き送って下さった、その内容を拝見して、

初の「プレタポルテライン」のドレスをご提供させていただくことになりました。

Siestaのプレタポルテラインでは、まずはお二人が選ばれるご会場とその場所に、

お似合いになると考えたドレスを、ご提案させていただきます。

Img_8192_2

たとえばChihiroさんのこちらのご会場には、スレンダーのエンパイアライン、

そして、スカートの脹らみは写真のようなAラインくらいまでが、よく似合います。

Chihiroさんは基本的に白色の生地、ベルトやリボンにピンク色を選ばれましたが、

シャンパン~生成り系色のバージョンもあり、こうした建物にはより似合います。

ご会場の建物の建築性を理解され、その魅力に惹かれてお決めになられたという

Chihiroさんにならきっと、このドレスを着こなしていただけると思いました。

物づくりの中で最大のものは、建築物です。

それがどちらでも、まずはご会場に似合う衣装、コーディネートを考えてゆけば、

ビジュアル的には必ず、よい結果に導かれてゆきます。

自由学園明日館、ウェディングドレス 

彼女が最終的に選ばれたこのヴェールは、

ドレスとブーケ、ぶつかり合う両者の意図を消し去って調和をはかり、

1つのものに同時に存在するかけ離れた2つのものをつなげる、

建築でいえばちょうど、架け橋のような役割をしています。

自由学園明日館、ウェディングドレス

彼女はメールの中で、ドレスラインの美しさと生地の上質感について言及され、

「地と空の溶け込むような、境界線の無さ、優しく軽やかな空気感、現実感の無さ」

そんな評価をして下さいました。建築家である、彼女らしいお言葉でした。

自由学園明日館、ウェディングドレス

このブーケには、彼女のもたれている知性や構想力が感じ取られるようでもあり、

デザイン性の高さに焦点が置かれているという点で、

衣装よりもお花のほうが、建物と内装によく似合っていて、

その流れるようなラインは、会場とドレスを上手につなげてくれているかのようでした。

Img_75578

Chihiroさんのドレスは、一見して可愛らしい雰囲気のデザインですが、

菊のような花柄模様、つるが上方に伸び、東洋的な非対称柄を成して、

渋味を感じさせる程に格調高い、最高級の仏製金糸リヴァーレース刺繍を施すことで、

アトリエのつくり手たちの意思や異質なもの同志の融合を、エレガントに実現しました。

Nmks0301

プレタポルテラインのドレス、オーダーラインよりもSiestaの個性が強く打ち出される、

そのご衣装を、ご自身のものにして他者との関係をまとめ上げてゆくのは、

花嫁である女性のもてるエレガンス、花の香りのようなそれに、いつも拠ってゆきます。

Img_7295

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

ハイウエストビスチェドレス(7)前編

Img_7485

Ms.Chihiro.I.married on '07.6.9

Chihiroさんのハイウエスト切り替えドレスは、

胸元2種類のシルクオーガンジー生地とタックギャザーパターン、

その柔らかさと固さのバランス、生地とパターンの相互関係の、

計算と造形力が特徴的な、プレタポルテラインです。

自由学園明日館、ウェディングドレス 

繊細なリヴァーレースの華奢な輪郭を、

透かせて見せるほどに極薄な生地の透明感、

その共布を薄く手染めてつくった胸元コサージュの、

花びら一枚一々の繊細な重なり。

Img_7453

上質な素材と緻密な作業によって生まれる、胸元の表情の豊かさが、

花嫁らしい、儚げで上品な印象を、お顔まわりに醸し出します。

スカートがシンプルな、エンパイアラインならではの身頃づくり、

こうしたドレスラインでは、

Img_5081_2

ヴェールの選択はもちろん、

身頃とヴェールのラインのつながり方が、大変重要になってきます。

Img_5070_4

柔らかなソフトチュールヴェール、優しげな雰囲気をより強調する付け位置、

Img_5041_5

お式時のダウンスタイルはそれだけで印象的、その髪型を強調する付け位置。

自由学園明日館、ウェディングドレス 

お式当日には、ちょうど中間くらいの付け位置を取りました。

そして、中庸の選択によって強調されたのは、中央に持たれたブーケでした。

Img_0999

実は当初には、身頃胸元を最大限に強調する、短か丈パターンの、

コケティッシュなヴェール使いをすることを考えていました。

この場合、女性の優しさや可愛らしさといったテーマが強く打ち出されるため、

上写真のようにブーケも、ドレスに自然に馴染むものでなければなりません。

Img_7301

けれどChihiroさんがお式時に選ばれたお花、望まれていたブーケは、

ドレスのデザインコンセプトとは相容れない、

寧ろちょうど間逆の魅力を、色濃くかつ鮮明に持ったものでした。

Img_8529

初回ご試着時のChihiroさんです。

彼女のもたれてる魅力のもう一つの側面、意思の強く聡明な、大人の女性らしさ。

毎夜遅くまでお仕事に没頭され、けれど常に平静で穏やかなChihiroさんに、

そうした個性を前面に押し出すデザインを、最初には考えさせていただいていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

ハイウエストビスチェドレス(6)

_dsf4096   

Ms.Chie.Y.married on '07.6.23

_dsf4089

Chieさんのハイウエストビスチェドレスは、紅(あか)の色ドレス、

夜の二次会のための、ソワレラインです。

_dsf4088

ゴールドがかった赤色と紅(べに)色、2種類の紅(あか)色のシルクシフォンに、

シャンパンゴールドのクレープサテンシルクとサテンシルクオーガンジーを重ね、

_dsf4133

ゴールドのサテンシルクのベルトと、共布でつくったシルクシフォンコサージュ、

シャンパン色のサテンシルクオーガンジーのショールを取り付けて。

_dsc8143_5

二次会の始まる前に、会場であるホテル内で、夕暮れ時の撮影をしました。

_dsc8145_2

私たちが「ひれひれ」と呼んでいる、肩や腕にかける柔らかいショールは、

_dsc8146_2

生地がはためいて動きを感じさせ、女神のような花嫁姿を実現してくれます。

_dsf4128_2

赤とゴールドの組み合わせがお好きな、Chieさんに似合われるように。

デザインをお任せいただいた、紅(あか)色のクチュールドレスでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

ハイウエストビスチェドレス(5)

Img_56391

Ms.Mai.M.married on '07.5.18

お式当日のMaiさん。映像カメラマンのご新郎と。

会場は、コルディアーレ麻布さん(http://siesta.tea-nifty.com/kaijyou/cat7607537/index.html)です。

Img_5678_2

やはり映像関係のお仕事をされていらっしゃる、Maiさんの夢は、

カンヌ映画祭のレッドカーペットの上を、いつか彼と一緒に歩くこと。

Img_5718_3

いつも明るくお話面白く、それでいて実は繊細に、

常に相手のことを思い遣って下さるMaiさんは、

私たちにも、きっと会場のスタッフさんたちにも、

とても気持ちよくお仕事をさせて下さいました。

Img_5736_4

ご希望通りの大きな背中の開きでも、下がってしまわないハイウエストビスチェドレス。

デザインにカジュアルさを感じられても、つくりと仕立てに品格が感じられるように。

私たちにとって一番大切な、アトリエの技術力を結集して、おつくりしました。

Img_5745_5 

見たことの無かったような花や、エキゾチックなグリーン色の実物が使われたブーケ。

彼女ご自身、そして彼女のアクセサリーを通して、私たちと会場のフローリストさんとは、

とてもスムーズに、抽象的なコーディネートのやりとりをすることが出来ました。

Img_5808_7

お式時の大粒なパールイヤリングから、チョーカーネックレスとイヤリングに変えられて。

たとえば光と影、東と洋、相反する二つの世界の、同時に感じられるお写真。

Img_5806_6

直線的な前髪のシルエットをつくりながら、黒髪を東洋風に下方にまとめて。

中華と和とが混在したような、独特な雰囲気を持つ控え室で、ご披露宴前の撮影です。

Img_5830_8

ウェディングでは通常使われないような、個性的なアクセサリーも、

実物使いのふんだんなブーケも、そしてドレスも、ご会場に自然に溶け込んで。

Img_5947_9

ベルト部分と同じ色味の、シャンパンゴールドの付け爪を付けられて。

ハイウエストビスチェワンピースは、多種多様なコーディネートへの対応が可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

ハイウエストビスチェドレス(4)

ゴールドのレース、オーガンジーオーヴァースカート、滑らかなサテンシルク、

生地合わせと刺繍柄合わせに凝って、つくりと縫製に手間と時間をかけた、

「カサブランカロワイヤル」という名前の、ハイウエストビスチェワンピースをご紹介します。

Img_2841

お仕事で色んな国に行かれるMaiさんは、モロッコが大好きで、

とくに、カサブランカとマラケッシュの街がお好きとのことでした。

カサブランカであれば白と金、マラケッシュであれば生成りと金、

生地の色合わせを一緒に悩んだ結果、テーマを前者に決めました。

Img_6138

金色のレースとシャンパンゴールドのサテンシルクを使った、

個性的なデザインに、ウェディングとしてのフォーマル感をも取り入れるため、

最初ラフデザインでは、切り替え下のサテンラインが太めでしたが、

本仮縫いでの確認後、Maiさんのご希望でもっと細くし、背中を大きく開けることに。

Img_4191

体への接地面積が減るほど、ビスチェは下がりやすくなります。

またお顔や頭と、全身とのバランスを考えてみても、ドレスデザイン的にも、

切り替えラインは細くされない方がよいのではと、当初は説得を試みました。

Img_2489

けれど、ご持参のアクセサリーに象徴される、Maiさんの強い個性を理解するにつれ、

彼女のご意向に従って変更をし、ドレスをおつくりしようと思うに至りました。

岡山生まれで東京育ちのMaiさんは、古きにも新しきにも、文化への造詣が優れて深く、

世界観の広い彼女は、ウェディングの粋に収まり切らない、才能と資質をお持ちでした。

51

私たちは寧ろデザインよりも、アトリエでの仕事に重点を置かせていただきました。

アクセサリーの文様に合わせ、スカートのBC(後中心)部分に、

アクセサリーを上下反対にしたような、レースモチーフデザイン刺繍をしました。

Img_4210

ベルト部分やスカートFC(前中心)の直線的に分かれたラインに、

ネックレスとお揃いの、ブレスレットのラインをリンクさせて。

オーヴァースカートの分かれた部分から、サテンシルクにモチーフ刺繍された、

生成りレースが覗いて見えて、ネックレスのラインにつながるように。

Img_2869

金レースは金糸で刺繍をし、切り替えベルトの中央部分には最終的に、

金糸入りレースと金の装飾を施しました。

身頃のオーガンジー下の、金レースモチーフを透かし見せる、難しい仕立てです。

Img_2834

落ち着いた金色のメタリックリボンで縁取った、レース刺繍マリアヴェールを合わせて。

クラシックな会場に敷かれた、ボルドー色の絨毯に合う、ドレスコーディネート。

ヘアメイク、お花、会場での打ち合わせも順調に、迎えられたお式当日の写真は次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

ハイウエストビスチェドレス(3)

Img_5006_1

金沢でのかっちりとした太目のサテンシルクベルトを、

柔らかく細いものにつくり変えて、パフ袖を合わせて。

Img_4994

東京でのご披露宴では、ドレスを「ポップ」にお色直し。

パラダイスのReikoさんが、ヘアメイクをして下さいます。

Img_5068

Marikoさんご希望通り、ヘッドドレスをかなりの上方に付け、

つくりこんだ髪をやはり、上方に持ち上げたスタイルに、

Img_5018

パフ袖がピッタリとはこなかったため、

当日はお付けいただくのをやめることに。

Img_8214

全て有るのは何も無いのと同様です。

全体のバランスのため、何を採り何を削るか。

Marikoさんの潔さには、教えられるところがありました。

Img_8068

東京でも、お友達とお式をされることになり、

ダウンスタイルでマリアヴェールを付けられることに。

Img_8203

シルヴァーゴールドメッシュリボンをヘッドに巻き込んで垂らし、

Img_8061

同メッシュリボン、パールやガラスを使って、

お顔まわりのレースに刺繍を施した、マリアヴェールで。

Img_1956

金沢と東京での二度のお式の合間の時間を使って、

身頃胸元にも、ヴェール刺繍と同素材で、刺繍を施しました。

Img_8142

サテンシルクベルトの中央に、やはり同素材でおつくりした、

アクセサリーモチーフを飾って、コーディネートの完成です。

Img_2028 

シルクシフォンに透けるスカート上のレース刺繍が、

ヴェールのレース刺繍の流れとあいまって、

動きのある衣装を纏った、女神のような花嫁姿をつくりあげます。

Img_8134

サテンシルクのシンプルなビスチェと、柔らかな生地重ねのスカート、

難しい組合せにトライし、フォーマルとポップの両方を実現しました。

ハイウエスト切替、とくにビスチェスタイルのドレスは、

豊かな表情と多彩なコーディネートを、楽しむことの出来るラインです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

仕上がり | 仕上げ | 仕立て