December 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

会場別リンク

« 新郎衣装 | Main | 死の儀式 »

2004.03.06

お父さんといえば

この仕事は、一応幸福な花嫁をつくりだすわけですが、
同時に不幸なお父さんを作り出す仕事でもあります。
いろんな人がいました。
怒りを押さえながらスパスパと煙草を吸うお父さん、
虚脱しきってし目がうつろなお父さん、
椅子に座って背筋を伸ばしたまま硬直してしまったお父さん、
あるいは披露宴中お酒を飲んで、赤ら顔で上機嫌なのですが、
帰りがけ、一人で歩いている姿は、涙ぐんで足元がふらついているお父さん。

私も男のはしくれですから、そんなお父さんのお気持ちはよっくわかります。
勝負はじつは、娘が生まれたとき既についているのです。
いつの日か敗北することがわかりきっているのに、
娘を「最後の恋人」にしてしまって、
そして数十年後、セオリー通りに敗北の日が来るわけです。
それが立派なやつに負けるならまだともかく、
なんにもわかっとらんこんな若造ごときに、
いったい貴様にこの娘のなにがわかっとるというんだ!

しかしながら、
お父さんに敗北していただかないことには、
Siestaはつぶれてしまいますし、
日本は滅びてしまいますし、
人類は絶滅してしまいます。
お気の毒ですがお父様がたには、
是非とも敗北していただかなくてはなりません。

写真を色々整理していて気づくのは、
花嫁はお父さんと腕を組んでいるときが、
一番良い表情をしているということです。
これは新郎にとってあるいは不快かもしれませんが、
お父様のそこらへんのお気持ちを勘案して、
ぜひ大きな心をもっていただきたいものです。
かれの姿が数十年後の自分の姿ですから。

« 新郎衣装 | Main | 死の儀式 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21775/267594

Listed below are links to weblogs that reference お父さんといえば:

« 新郎衣装 | Main | 死の儀式 »