October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 遺志 | Main | 写真の中身・1 »

2004.04.24

お客様本位

当店にとってお客様は花嫁ですが、
花嫁(あるいは花婿)にとってのお客様は列席者です。
当店がどの程度お客様によくできているか、自分たちではわからないのですが、
新郎新婦もどの程度お客様によくできているのか、
自分たちではあまりわかっていないのではないでしょうか。

だいたい、男性と女性では考え方が全く違います。
女性の列席者は多かれ少なかれ、きれいな花嫁姿を見に来ます。
着物やウェディングドレスがきれいであれば、
ご祝儀分の体験はできたと、満足するようです。

では男性はどう思うか。
男性だってドレスを着たきれいな女性を見るのは嫌いではないですが、
同時に綺麗であればあるほど、
「なんでこんなきれいな人を、奴め許せん」
となりますので、複雑なものがあるわけです。
そんな男性列席者にとってなにより重要なのは、
料理、特に肉系の安定供給にあります。
男性はたんぱく質の摂取が不十分ですと、
結構不満が残ります。
若い男性が多い場合には、
質はともかく量は十分用意したほうが良いかと思います。

でもそれより大事なのは、やはり新郎新婦の気持ちですね。
以下は男性の方が十分良く認識しており、
女性はしばしばそのことを忘れがちになることなのですが・・・

新郎新婦は別に、「主役」ではありません。
結婚式は、舞台でもなければ映画でもありません。
結婚式・披露宴というものはあれは、
「至らない私たちですが、どうか今後サポートお願いいたします」
と頭を下げる行事であって、
「主役」というより「ホスト役」ですね。
ですので私なんかは、お客様にデザートやお茶をサーブしたりすることに一生懸命になる新郎新婦を見ると、
大変いい気分になります。


・・・なんか爺の説教じみてきたのでここまでとします。

« 遺志 | Main | 写真の中身・1 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21775/486672

Listed below are links to weblogs that reference お客様本位:

« 遺志 | Main | 写真の中身・1 »