October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 職業 | Main | 雨の挙式 »

2004.09.30

王の効用

この業界に、つまりウェディングドレス業界で、
現在それなりに力があるのは、
例えばヨーロッパではイタリアとスペインです。

ドイツは元々マシン系の民族だから仕方がないとして、
フランスの凋落は驚くべきものがあります。
あれほどの文化大国だった国が、どうしてこうなったのか、
色々考えました。

結論としては、「王の不在」に尽きると思われます。
王とはすなわち、権力者、富の集積の中心です。
文化は王の周辺から発生し、国内に行き渡ります。

フランスにはかつて、強大な王が存在しました。
強大すぎて浪費をしすぎて、結局革命で滅んでしまったのですが、
それ以降、百年くらいにわたるフランスの文化的優位性は、
間違いなく王家の蓄積を元本として振り出されたものだったと思われます。
そしてどうやら、彼らは先代の貯金を使い果たしつつある、
私にはそう見えます。

ですので現在それなりに運営できている国々には、
それなりの根拠があるのです。
スペインには王室が居ます。
かつてのような権力はなくとも、
その文化的権威が、特にフォーマルな服飾の発達には、
おそらく極めて重要なのです。

「でもイタリアには? イタリアには王様は居ないのでは?」

居るではないですか、
文化の集積を極めた王の中の王、
かつてカノッサにも屈辱を与えた、
一千数百年の歴史を誇る王が。
バチカンの中に。


http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/7106/museo_va1.html

http://www.ibiblio.org/expo/vatican.exhibit/exhibit/Main_Hall.html

« 職業 | Main | 雨の挙式 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21775/1557585

Listed below are links to weblogs that reference 王の効用:

« 職業 | Main | 雨の挙式 »