June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« Bijoux de Rico(ビジュー・ドゥ・リコ) | Main | 新blog »

2006.06.23

これまでの彼らの歩みが、
眼前を走馬灯のように駆け巡り、
だれより自分自身が驚いた。
私は彼らと知り合いでもなんでもなく、
単にテレビで長年にわたりその姿を見てきたことで、
こっちが勝手に知人のような気持ちになっているのだけなのに。

一方は、
昔あったベルマーレ平塚というチームの中では、
ストライカーの野口やボランチの田坂のほうが知名度は高かったが、
それでも徐々に頭角を現し、
全盛期の東京ヴェルディ相手に奮闘し、
やがてフランス大会出場の原動力にまで成長し、
ペルージャでは爆発的と言える活躍をしながら、
ビッククラブのローマに行って、
控えに廻されるようになってから、
なにかが滞るようになった。
それでもともかく海外でプレーをしつづけ、
代表を引っ張りつづけた。
ドイツ大会が3大会目の出場になった。

一方はフランス大会の代表候補には噂されていたが、
結局岡田監督は選出せず、
Jリーグでは大活躍を続けながら、
トルシエには、寧ろ冷遇され、
ついには代表から外された。
それでも、持ち前の、
ほとんど執念のような技術向上の努力の継続により、
イタリアでもそれなりに、
現在のスコットランドでも同様に、
一歩一歩着実に地位を築いてゆき、
代表でも誰もが認める中心選手にまでなって、
そしてこれが、悲願の本大会初出場であった。

二人の笑顔、泣き顔、怒り顔、
十年近い年月の、
さまざまな場面でのさまざまな表情が、
ほんの数秒の間に、めまぐるしく思い出された。

一方はピッチに倒れこみ、
一方はテレビカメラの前で、
話そうとしても声を出せず、
彼らの姿を眺める私自身も、
大きな落胆と失望の只中にあったのだが、
それと同時に
ワールドカップとはなんと素晴らしいものだという、
すがすがしい気持ちが同時に沸き起こった。

我々の日常生活は散文的に過ぎ去り、
全ての事象は子ども部屋のように散らかされている。
特定の、
高い密度で凝縮された時間を設定することによってはじめて、
過去の全ての履歴は必然の糸で結び合わされ、
人生は一遍の詩になる。
悲しくもあり、苦しくもあるが、
それでも美しく、真実のこもった詩になるのである。
全身全霊で咲ききった花たち、
全身全霊で散っていった花たち。

夏の芝に残された花びらを眺めながら、
自分達も、
同じような目的で仕事をしている事を認識した。
こちらのグラウンドには勝者も敗者もないが、
それでも、
ほんの数十分の、必要とされる時間の密度だけは、
彼らと共通しているようである。


Simp1

« Bijoux de Rico(ビジュー・ドゥ・リコ) | Main | 新blog »

Comments

Hello, I enjoy reading through your article post. I like to write a little comment to support you.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21775/10648791

Listed below are links to weblogs that reference :

« Bijoux de Rico(ビジュー・ドゥ・リコ) | Main | 新blog »