« 横浜の歴史的建造物~ベーリックホール | トップページ | コンドルの建築~清泉女子大学本館 »

2009年6月22日 (月)

名門の誉れ~和敬塾(旧細川侯爵邸)

細川 護熙(ほそかわもりひろ)という内閣総理大臣を、覚えておられますでしょうか?

もう知らない人も多くいると思います。

私が学生時代に総理になりまして、大変文化的な香りのする方で、

ずいぶん人気があった人ですが、総理をやる前は熊本県知事をされていました。

なぜ熊本県知事かというと、ご先祖さまが代々熊本藩主、つまりお殿様だったからで、

熊本のお殿様以前は、将軍足利家の側近であった、そういう家柄です。

さらにたどれば、八幡太郎義家、清和天皇までさかのぼれる、れっきとした清和源氏なのですが、

気が遠くなるので家柄の話はおいておきます。

その総理になったもりひろさんのおじいさまが建てられたのが、

この細川侯爵邸、現在名称和敬塾です。

Img_8615

2008年9月20日にご結婚されたIzumi様は、

東京カテドラルで挙式を挙げられたのち、

こちらで披露宴パーティーを開かれました。

こちらお支度部屋。木造のシックな建物です。

Img_8509

Img_8507

Img_8473

Img_8464

ヘアメイク松田さん。

撮影は福田さんです。

Img_8529

今日残っていて、お客様が使われる旧華族の邸宅は、

前田侯爵邸

(加賀前田家は、100万石の大藩でしたので、幕府の取り潰しを恐れて、

武道の追求はやめて、ひたすら文化を発展させてきました。

今でも金沢にゆきますと、人間国宝がごろごろ居ます。

それだけ文化的な藩ということです)

あるいは小笠原伯爵邸

(礼法で「小笠原流」というのがありまして、今日の日本の礼儀作法の源流なのですが、

小笠原家はその血筋です)

いずれもきわめて文化的な家柄の貴族の邸宅ですが、

よりいっそう文化的なはずの細川侯爵邸は、質朴な雰囲気なのが不思議です。

ご用意したのは建物に合わせて、少しシックな生成りのウェディングドレス。

Img_8553

Img_8590

Img_8598

お庭からの写真です。

Img_8607

Img_8612

無骨な石組みは、熊本城の石垣が設計者のイメージにあったのではと思っています。

Img_8653

Img_8690

Img_8724

内装は、こんな感じです。

細身のAラインドレス、

後にはリボンをつけています。

Img_8785 

Img_8843

Img_8887

分かりにくいのでリハーサルの写真を掲載します。

ごく薄い色のベージュのベルトを巻いて、アクセントにしています。

Img_8838_2

お色直しは着物を着られましたので、

写真の枚数が少ないですが、今回はこれで終わりです。

Img_8891

Img_9107

|

« 横浜の歴史的建造物~ベーリックホール | トップページ | コンドルの建築~清泉女子大学本館 »

歴史的建造物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21775/45420325

この記事へのトラックバック一覧です: 名門の誉れ~和敬塾(旧細川侯爵邸):

« 横浜の歴史的建造物~ベーリックホール | トップページ | コンドルの建築~清泉女子大学本館 »