結婚式場

2008年3月 5日 (水)

すこし古風な心で~明治記念館

明治神宮で挙式を挙げられ、

Img_0022

明治記念館で披露宴をされる花嫁には、

Img_7927

結婚に対して、純粋で、誠実で、

すこし古風な考え方をされる方が多いように思われます。

Img_7861

2007.11.17挙式のAriko.A様もそんな方でしたが、

それでもけして、肩肘張ってというわけではなく。

初回ご来店の際の、私たちの第一印象では、

Img_1412

スポーティーなほどの爽やかさを感じました。

そんなAriko様に、ご用意させていただいたドレスは、

Img_5754

ご入籍をされてから一年が経たれ、

念願のお式を挙げることになられたAriko様に、

Img_5788

正統性の高いデザイン、上質なイタリア製のシルク生地の、

白無垢のようなサテンシルクのご衣装でした。

明治という時代は、

Img_0283

Img_0310

他のどの時代よりも新しく、

Img_0325

どの時代よりも大きな変革の時でした。

Img_0332

同時に、

Img_0388

現代の私達から見れば、少しレトロで、

Img_0389_2

のんびり、ゆったりとしているように見えます。

Img_8079

先端の西洋文明の底に、

Img_8083

古き日本の心を宿し、

Img_8075

新しい道を歩んでいった、そんな時代です。

Img_8130

たとえ平坦な道のりではなくとも、

Img_8111

希望を持って歩んでゆく、

Img_8112

そんな勇気をきっと、この会場は与えてくれるのでしょう。

格調高い会場であるのに、

Img_0410_3 

Img_0414_3   

花嫁の、いつも気取らず、

Img_0496_2

Img_0551_2

自然なお写真が撮れるのは、

Img_8212

そんな、すこし古風な、良い心を、

Img_0538_3 

新郎新婦と会場とが共有するからなのではないかと、

Img_0559_2

いつも、そんな風に思います。

Img_8197

| | コメント (0) | トラックバック (0)