カテゴリー「マジカルメイク・栢木真弓」の4件の記事

2007年1月17日 (水)

バタフライコーディネート~蝶々の舞う椿姫

3yuko371

Yukoさんの「Camille(カミーユ)」というドレスと

そのコーディネートは、「椿姫」がテーマでした。

3yuko441

溝部さんがつくって下さった、アクセサリーモチーフの

「バタフライ(蝶々)」が一日をかけて、

花嫁のYukoさんの衣装のまわりを優しく飛びまわる。

そんなお式の日をイメージしました。

.

3yuko351

ブーケはアズールさん。 お式は、薔薇柄の

リヴァーレースを手刺繍した、マリアヴェールで。

3yuko161

ヴェールの下に美しく透けて見えるように。

お式時は腰のシルクフラワーに、蝶々はとまっていました。

3yuko391

披露宴前半のスタイル。

セミロングの飾りヴェールを付けて、

蝶々はオフショルダー身頃の胸元にとめました。

3yuko221

マリアヴェールに隠れていた白バラをめがけて、

蝶々が飛んで移っていったかのようでした。

.

3yuko361

披露宴後半では、もう一着おつくりしたビスチェスタイルに。

3yuko291_1

淡いパープルピンクに染まるようなお色直しをされました。

3yuko301_1

お母様はバラの花がとても好きでいらして、

お家の庭はまるで、バラ園のようだとのことでした。

3yuko151

きっと蝶よ花よと、とても愛情深く育てられて。

ご両親にも私達にも、本当に優しかったYukoさんの

気品と優雅さが。バタフライコーディネートを生み出しました。

3yuko381_1 

大きなバラ柄の総リヴァーレースのトレーンに、

紫色のオーガンジーを入れ込んで。

3yuko091_1

夜の帳がおりるにつれて、メイクも色濃く変化をさせました。

.

アクセサリー使いが得意な、栢木さんらしい

ヘアコーディネートです。リハーサル時のお写真。

Photo_7

アンティークの仏製ゴールドメタリックリボンを絡めた

ラリアットは、お花と合わせて天使の輪のようにも、

Photo_8

頭上に飾ったバタフライから、お顔に沿って流れるようにも。

栢木さんが自由自在に、美しく操って下さいました。

.

夜のパーティーは同会場で、お友達との間で行なわれました。

3yuko411_1

お友達が「今度は蝶々はどこにいるの?」と、コーディネートを

とても楽しんで下さったと、お式後Yukoさんが教えて下さいました。

3yuko171

朝のヴェール姿は、白バラのように可憐に美しく、

夜は暗闇の中で、光り輝く白椿のような美しさで。

3yuko181

紫色の入った濃い目のアイメイクも、夜の蝶々に相応しく。

.

お式の一日を通して、エレガントさと優美さが増してゆき、

失われることがなかったのは。 栢木さんの力量と、

何よりYukoさんの魅力、そして、蝶々の魔法だったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バタフライコーディネート~蝶々の舞う椿姫

3yuko371

Yukoさんの「Camille(カミーユ)」というドレスと

そのコーディネートは、「椿姫」がテーマでした。

3yuko441

溝部さんがつくって下さった、アクセサリーモチーフの

「バタフライ(蝶々)」が一日をかけて、

花嫁のYukoさんの衣装のまわりを優しく飛びまわる。

そんなお式の日をイメージしました。

.

3yuko351

ブーケはアズールさん。 お式は、薔薇柄の

リヴァーレースを手刺繍した、マリアヴェールで。

3yuko161

ヴェールの下に美しく透けて見えるように。

お式時は腰のシルクフラワーに、蝶々はとまっていました。

3yuko391

披露宴前半のスタイル。

セミロングの飾りヴェールを付けて、

蝶々はオフショルダー身頃の胸元にとめました。

3yuko221

マリアヴェールに隠れていた白バラをめがけて、

蝶々が飛んで移っていったかのようでした。

.

3yuko361

披露宴後半では、もう一着おつくりしたビスチェスタイルに。

3yuko291_1

淡いパープルピンクに染まるようなお色直しをされました。

3yuko301_1

お母様はバラの花がとても好きでいらして、

お家の庭はまるで、バラ園のようだとのことでした。

3yuko151

きっと蝶よ花よと、とても愛情深く育てられて。

ご両親にも私達にも、本当に優しかったYukoさんの

気品と優雅さが。バタフライコーディネートを生み出しました。

3yuko381_1 

大きなバラ柄の総リヴァーレースのトレーンに、

紫色のオーガンジーを入れ込んで。

3yuko091_1

夜の帳がおりるにつれて、メイクも色濃く変化をさせました。

.

アクセサリー使いが得意な、栢木さんらしい

ヘアコーディネートです。リハーサル時のお写真。

Photo_7

アンティークの仏製ゴールドメタリックリボンを絡めた

ラリアットは、お花と合わせて天使の輪のようにも、

Photo_8

頭上に飾ったバタフライから、お顔に沿って流れるようにも。

栢木さんが自由自在に、美しく操って下さいました。

.

夜のパーティーは同会場で、お友達との間で行なわれました。

3yuko411_1

お友達が「今度は蝶々はどこにいるの?」と、コーディネートを

とても楽しんで下さったと、お式後Yukoさんが教えて下さいました。

3yuko171

朝のヴェール姿は、白バラのように可憐に美しく、

夜は暗闇の中で、光り輝く白椿のような美しさで。

3yuko181

紫色の入った濃い目のアイメイクも、夜の蝶々に相応しく。

.

お式の一日を通して、エレガントさと優美さが増してゆき、

失われることがなかったのは。 栢木さんの力量と、

何よりYukoさんの魅力、そして、蝶々の魔法だったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

シュガープラム~砂糖菓子の魔法をかけて

栢木真弓さんのヘアメイクの最大の特徴は、

「美しい肌づくり」にあります。

数多くの花嫁に触れて得てこられた、

一般の女性の肌に関する豊富な実経験と知識。

彼女が独自に考え開発をしてきたベースづくりは、

花嫁を変身させてしまうかのように、

その方の持つ良いところを最大限に引き出してくれます。

Tkazue0003

Kazueさんの仮縫い時のお写真です。

彼女のチャーミングポイントは、何より可愛らしい笑顔。

まだこの頃は、あどけない少女のようなKazueさんでした。

Tkazue0004

小さな丸いカタチのコロンとした可愛いバラをイメージした、

「Suger Plum(シュガープラム)」という名前の、

総レースのキュートなドレスをおつくりしました。

Ss0045

本仮縫いの時のお写真。

Ss0048

4wayの多彩なコーディネートでしたため、

この時点から、小物づくり、イメージづくりを開始しました。

栢木さんと、映画「ゴッドファーザー」の中の1シーン、

シチリアでの婚礼シーンを、繰り返し見ながら。

_____________________

お式当日のお支度シーンです。

100

ブーケは、アズールさん。

101

可愛らしいブーケよりお洒落なブーケが得意そうな平松さんが、

ワイヤリング加工をしたアンティークのパールを入れ込んで、

シュガープラムのデザインコンセプトを理解しきった上で、

時間と手間かけ作って下さった、砂糖菓子のような白ブーケです。

102

披露宴前半では、ジュリエットをイメージしたスタイルで。

ヘッドドレスもブーケもチェンジして。

103

107

変化に富んだ「シュガープラム」のドレスコンセプト、

そして、このドレスをつくらせたといえるKazueさんの、

個性を理解しきった上で栢木さんが手がけて下さった。

砂糖菓子の魔法がかかった4styleコーディネートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュガープラム~砂糖菓子の魔法をかけて

栢木真弓さんのヘアメイクの最大の特徴は、

「美しい肌づくり」にあります。

数多くの花嫁に触れて得てこられた、

一般の女性の肌に関する豊富な実経験と知識。

彼女が独自に考え開発をしてきたベースづくりは、

花嫁を変身させてしまうかのように、

その方の持つ良いところを最大限に引き出してくれます。

Tkazue0003

Kazueさんの仮縫い時のお写真です。

彼女のチャーミングポイントは、何より可愛らしい笑顔。

まだこの頃は、あどけない少女のようなKazueさんでした。

Tkazue0004

小さな丸いカタチのコロンとした可愛いバラをイメージした、

「Suger Plum(シュガープラム)」という名前の、

総レースのキュートなドレスをおつくりしました。

Ss0045

本仮縫いの時のお写真。

Ss0048

4wayの多彩なコーディネートでしたため、

この時点から、小物づくり、イメージづくりを開始しました。

栢木さんと、映画「ゴッドファーザー」の中の1シーン、

シチリアでの婚礼シーンを、繰り返し見ながら。

_____________________

お式当日のお支度シーンです。

100

ブーケは、アズールさん。

101

可愛らしいブーケよりお洒落なブーケが得意そうな平松さんが、

ワイヤリング加工をしたアンティークのパールを入れ込んで、

シュガープラムのデザインコンセプトを理解しきった上で、

時間と手間かけ作って下さった、砂糖菓子のような白ブーケです。

102

披露宴前半では、ジュリエットをイメージしたスタイルで。

ヘッドドレスもブーケもチェンジして。

103

107

変化に富んだ「シュガープラム」のドレスコンセプト、

そして、このドレスをつくらせたといえるKazueさんの、

個性を理解しきった上で栢木さんが手がけて下さった。

砂糖菓子の魔法がかかった4styleコーディネートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)