カテゴリー「ルグランさんのブーケと生花ヘッドドレス」の1件の記事

2007年10月 9日 (火)

繊細な一重白花で装うヘッドドレス

8

2007.6.9 Yuka.K 様

3_2
大輪一重のクレマチスをヘッドドレスに
胸元のシルクフラワーには、セルリアの花をしのばせて。
2
優しい風が流れるようにバックアレンジメントへ

Img_0504

オーソドックスでありながら、心に響くブーケです。

4

時間を戻して…ヘアメイクコーディネートでのお写真。5
ブライダルに使われる花材で、特に一重の花は
とても慎重に扱われます。
6
最も咲き様の良いもの、決して花びらが散らないように。
Img_8341
当日の一輪は、その何倍のも花々から厳選されたものです。 Img_8428_2

数々の試着を経て、厳選された白花の中から、
フレッシュなイメージのクレマチスが選ばれました。

ヘアメイクリハーサルでのお写真。 
Img_8779_2
胸元のコサージュにセルリアのつぼみを飾る、
シルクフラワーに生花を含ませるアイディアは、この時に。Img_8851_2                          栢木さんによるヘアスタイルとメイクの方向性も決まりました。  

11

12

   
披露宴前半では、
21
ドレスのベルトに合わせてお作りしたリボンを髪に。
22
ドレスのベルトにも、リボンとシルクフラワーを配し
エレガントで品格のある可愛らしさを表現します。

23

31

披露宴後半。  
32
お色直しでは、アンティークピンクと生成りのドレス
Img_0580
繊細なレース刺繍とチュールがふわりと包みます。
34
少しアンティークがかったグリーンの実物のみの
ヘッドドレスが 縦ロールの髪から覗きます。
35
グリーンがかった優しいピンクのバラのラウンドブーケ
36
ヘッドドレスとリンクする実たちを、コクのある
深い色合いのヒューケラの葉が優しく包みます。
37
Yuka様のフレッシュさを さらに引き立てるような
Img_0447
まるで、ドレスと同素材で誂えたように調和した
39
今回の花々は、全てルグランさんのお仕事です。

40

最後には、
41
チュール使いのスカートから
42                          動きやすいよう   

43_2

オーガンジーのものにお召しかえをされて、

Img_0688
匂うような笑顔を残され  二次会へ… 

Img_0046

Siestaヘアメイクコーディネートスタッフ、ルグラン原田さんとヘアメイク栢木さん、               全ての人が共に一つの目的に向かって、花嫁のため自分の力を出し切る
ドレスに対する共通した理解があってこそ成し得た、今回の仕事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)