カテゴリー「花ごよみ「ジヴェルニー」」の2件の記事

2012年7月 9日 (月)

7/9(月)七夕を過ぎて

S0img_1935_2

夏至を過ぎ、七夕を過ぎ、梅雨も終わろうとしています。

S_2

ラトゥールの薔薇の花。

S2_img_1840_2

生成りの壁の色に薔薇の花の色が映えるように、
Megumiさんのシャンパンゴールドのドレスにも、花々の色がよく似合います。

S3dsc02809_2

「ジヴェルニー」の小径の、陽のあたった土の色に似た
伊製チュールの、取り外し可能の袖ヒラショールを取り付けて、

Simg_1862_2

ヘアをダウンスタイルにして、Megumiさんはお色直しをされました。
生地のひだ、天の川のように流れの美しい、表情豊かなドレスに、

Simg_1868_2

静物画の花々のような力強ささえ感じさせる
強い花弁と色合いをもつ花々を、時を止めるかのように飾って、

Simg_1875_2

木の枝にではなく、木の幹そのものに
花が咲いたような、そんなコーディネートになりました。

Uy008

のちにMegumiさんに、木の幹が好きで、ずっと木の幹のことを
考えていたような時期が学生の頃あったんですとおうかがいして、

S8img_1933_2

ジヴェルニーの土と木と静物画の花々、木で彫った観音様の姿のような
フラワーコーディネートになった理由が、すこし分かったような気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

5/15(火)立夏を過ぎて1

5/5は暦では「立夏」。
春の気が終わって夏の気が立ち始める日とされています。

Img_1592_3

もう10日を過ぎましたが、肌寒いような日が続いていました。
GWにはようやく、暑く感じるような日もあったのですけれど。

Img_1705_2

Megumiさんのフラワーコーディネート用の花束。

3dsc02619_2

夏の陽のような色合いのバラの花も、寒色の紫陽花(あじさい)も、
深い緑と明るい緑、艶のある濃紺の実物もノスタルジックにくすんだ色合いの葉も。

Img_1618_2

お顔まわりには実はとても難しい配色の花々を、

Img_1619_2

絵を描くようにしてMegumiさんに飾って、

Img_1621_2

絵画のようなお写真を撮らせていただきました。

710113084756_2

Megumiさんのドレスづくりでは、モネの、絵というよりは家、
庭や池や橋や小径、そこに咲く花や生いる緑がテーマになりました。

8img_1570_2

「ジヴェルニーの小径」の地や木の色に通じる色をした、
シャンパンゴールドのクレープサテンシルクのこのドレスに合わせて、

9img_1579_2

陽の光と木の陰のように相対しながら、ありとあらゆる色彩が共生するモネの絵のような、
季節の境目がずっと続く今春の天候を表すような、フラワーコーディネートになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)