カテゴリー「花ごよみ「ペルセフォネ」」の2件の記事

2012年8月13日 (月)

8/13(月)立秋を過ぎて(前編)

ロンドンオリンピックも終わって、
もう暦の上では秋ですが、残暑とはまだいえない気分の続く、
今日はお盆のはじまりです。

11img_2812

蝉の音で夏を強く感じますが、時折秋の虫の音も聴こえます、
不思議ですねとMaria様から
メッセージをいただいて、乙姫の花ごよみ続編をお書きしています。


1img_2669

Mariaさんのヘアメイクリハーサルでの、
木戸口さん作、ヘアスタイル。

2img_2808

左側上方に、水色の紫陽花を飾って。

3img_2789

後方に白とグリーンのラインをつくって、左右のブルーとピンクの花々を繋げます。

4img_2741

七夕前でしたので、彦星と織姫の渡る橋を架けているような気がしました。

5img_2781

右側下方には、ピンクのバラを飾ってゆきます。

(後編に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

8/2(木)山紫陽花の咲く

0img_5402_2

今日は今夏、一番暑くなるような気がする、真夏日です。

1img_5625_2

涼し気な山紫陽花のコーディネート写真をお届けします。

2_img_5143_2

6月にお式でらした花嫁様のヘアメイクコーディネート、

3img_5235_2

山に桜や紫陽花が咲くように、Mariaさんの髪にお飾りしてゆきました。

4img_5388

Mariaさんのドレス名は「ペルセフォネ」、

5img_5142

ギリシア神話の悲劇の女神の名前です。

6img_5386

境遇が少し似ているのだけれど、
私はペルセフォネのように運命に翻弄されず、

7_img_5515

自分の意志で生きてゆきたいと、
私たちの藍姫、Mariaさんはお話下さいました。

8img_5710

藍姫というのは、蒼色の山紫陽花の名前です。

9_img_5631

山に花が咲くようにこの時は飾ってみましたが、
七夕前のリハーサルでは、川に花が流れているような、

10img_5765

木戸口さんのヘアメイクでMariaさんは、
初夏の花を飾った、乙姫のようになりました。(次回に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)