« 写真の中身・2 | トップページ | 披露宴会場の風景 »

写真の中身・3

状況を説明しましょう。
花嫁の前後に、2枚の鏡がありました。
全身が写る大きな鏡が前に、
小さな鏡(つまり写真に写っている鏡)が後ろにありました。

上垣さんは、
大きな鏡に写っている花嫁の姿を写しました。
その際、
1、構図がしっかり決まっていて、
2、なおかつ後ろの小さな鏡に写っている花嫁の後頭部も見える位置で、
3、なおかつ後ろの小さな鏡に写っている花嫁の顔も見える位置に、
ポジションを取りました。

後ろの小さな鏡に写っている花嫁の後頭部は、
はじめ小さな後ろの鏡にうつり、
その反射が大きな前の鏡に写って、
カメラのレンズに到達しています。
つまり2回反射しています。

後ろの小さな鏡に写っている花嫁の顔は、
初め大きな前の鏡に写り、
その反射が後ろの小さな後ろの鏡に写って、
さらにその反射が前の大きな鏡に写り、
カメラのレンズに到達しています。
つまり3回反射しています。

この写真の雰囲気は、
全体が大きな鏡の中にあるところにありまして、
反射回数とは関係はないのですが、
それでもこの絶妙のポジションを見つけて実際取るところが、
私が唸ったところです。

当店の写真家はウェディングドレスと調和した写真を撮影するのが得意ですが、
それはある意味当り前です。
ドレスショップなのですから。
それだけではなく純粋に写真として面白いものも撮れます、といいたくて、
長々と書きました。

|

« 写真の中身・2 | トップページ | 披露宴会場の風景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

撮影者です。
茂桐さんの解説を楽しく読ませていただきました。
いつのまにかすごく楽しいサイトになっていました。
とてもびっくり・・・。
もっと茂桐さんに解説してもらえるように、おもしろい写真を撮りたいと・・・思ってしまう。

投稿: U | 2004年5月27日 (木) 02時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真の中身・3:

« 写真の中身・2 | トップページ | 披露宴会場の風景 »