« 地味(じみ) | トップページ | 靴のオーダーメイド »

カット

昨年11月25日
Shizueさまの挙式の撮影に行った。

朝から

otobe012


木戸口さんのゴットハンドは全開していた。
渋いブーケは

otobe045


オルテンシア・アズールさんである。

朝日に映えるレース刺繍

otobe082


ドレス、ヴェール、チョーカー、ブーケ、髪形、
全てが絡み合う濃密な世界

otobe084

ホテルから会場に移動して、
丁寧にセットしたヴェールを、

otobe150


整えて挙式へ

otobe206

挙式後撮影したあと、
ヘッドチェンジして

otobe273


披露宴である。
が、この日私はネクタイをしていなかったため、
披露宴会場へ入ることが出来なかった。無念である。

新郎の職業は美容師さんで、
新婦さんは元来常連客さんでした。
カットしてもらうため何年も通い続けて、その結果のゴールインである。
だから出席者はみんな美容師さん。
皆カメラを持ち出して、
花嫁の髪をパチパチ撮影していたそうである。

プロにそこまで注目される木戸口さん

otobe180


上機嫌である

otobe181


さらに又髪を変えてお色直し。

otobe363


otobe355

パーティーが終われば、
辺りは、夜。

otobe369


お母様のショールを身にまとって、

otobe383


ホテルに帰られた。


この時の木戸口さんの仕事、
素晴らしくて今も語り草になっているが、
木戸口さんに聞くと、
「あれはカットも上手いのよ」
という。

「前髪や顔周りのカットの具合が良くないと、
上手く髪はいじれないの。
Shizueさんは本当に上手にカットしていたから、自由に出来たの。
あれはご主人、腕がいいのね」


そんなわけで、
挙式前の髪カットでお困りの方は、
Shizueご主人にご相談くださいませ。
メール宛先は

liberty-cutman_oto3_10204874@docomo.ne.jp

まで。
名前は乙部さんと言います。
料金、所在位置等の問合せにはSiestaでは応えかねますので、
直接ご連絡下さい。

|

« 地味(じみ) | トップページ | 靴のオーダーメイド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カット:

« 地味(じみ) | トップページ | 靴のオーダーメイド »