« 2.アクセサリーボンネ | トップページ | 1)画像も場面も高コントラスト »

クチュールラインについて

今回アップさせていただいたYukiko様

http://www.siesta-dress.com/mr/couture1.html

ですが、「クチュールライン」という新しい分類です。

これは、デザインを「全て」お任せいただいた場合の名称でして、

何スタイルあるかどうかは、関係ありません。

「デザインの希望はナシ、これくらいの予算で、

似合うドレスを作って下さい」

というかたちで、ご発注を受けております。

「クチュールライン」の最初の作品は、実は、

Yme064

こちらの赤ドレスなのですが、

今回Yukiko様はクチュールラインのドレスのみで、

一日を過ごされましたので、

そのような分類にさせていただいた次第です。

Mr092

生地構成ですが、

生成りのイタリア製サテンシルクに、

同じく生成りのソルティスレースをふんだんに手刺繍してあります。

大変ゴージャスではあるのですが、

それよりむしろシックな雰囲気を重要視してお作りいたしました。

ドレス名のValencia(バレンシア)は、

我々が最も敬愛するデザイナー、

クリストバル・バレンシアガにちなんで名づけられたものです。

|

« 2.アクセサリーボンネ | トップページ | 1)画像も場面も高コントラスト »

業務連絡系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クチュールラインについて:

« 2.アクセサリーボンネ | トップページ | 1)画像も場面も高コントラスト »