« 追憶のコンタックス | トップページ | クチュールラインについて »

2.アクセサリーボンネ

溝部先生のお店が、国立から恵比寿へと近々移転するそうです。

詳しい情報入りましたら又こちらでご案内いたします。

今回取り上げるのは、

Img_79551

ボンネ兼チョーカー、と言った感じのものですが、

正式名称は私にもわかりません。

こちらも大先生の構築能力が分かりやすく表現されていまして、

もはや、

どういった構造になっているか言葉で説明する気がおきません。

Img_7957

Img_7960

Img_7963

このデザインを頭の中で組み立てられる能力があるから、

彼女は「御大」と呼ばれているのです。

生命感を湛えていますが、同時に、

理系的な計算能力も感じさせます。

溝部さんのお父様は、昔旭化成在籍中に、

ベンベルグ(キュプラ)の研究、開発をされたエンジニアでして、

溝部さんにもそういった血が流れているのかもしれません。

(お父様はその後独立して、服飾加工の会社を経営されているそうです)

こちらの使い方は、変幻自在でして、

少し幅を広くして、

Img_79561

ボンネとして使うのが一般的ですが、

A3801

A3901

細く捻ると、

Img_79531

チョーカーとしても使えます。

A3303

A2201_1

|

« 追憶のコンタックス | トップページ | クチュールラインについて »

溝部先生の研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2.アクセサリーボンネ:

« 追憶のコンタックス | トップページ | クチュールラインについて »