« 2007年7月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年8月

3)原作の原作

「コルレオーネ・ブライズ」3回目である。

映画「ゴッドファーザー」は、
マリオ・プーヅォの原作を映画化したものである。

ところで原作の「ゴッドファーザー」にも、
原作というか、原案があるのである。
ドストエフスキーの、
「カラマーゾフの兄弟」という小説である。

それは、原作者が言っているわけでもなく、
世間で定説化していることでもないのだが、
両者を注意深く理解すれば、
自然に導き出される結論である。

ゴッドファーザーが映画の最高位を争う名作とすれば、
カラマーゾフの兄弟は、人類の小説の歴史の中で、
ほぼ間違いなく1位に輝く、傑作中の傑作である。
しかし、ゴッドファーザーと違って、
気軽に一読をお勧めするわけにはいかない。
長くて、グロテスクで、難解だからである。
しかし死ぬまでには読んでいた方がよい本かな、とも思う。

「カラマーゾフの兄弟」は、
父と、3人の息子の、家族の物語である。
構成が、ゴッドファーザーと全く同じである。

以下、ゴッドファーザーをG、
カラマーゾフをKと表す。

父:Gでは身を立てる為には殺人も厭わないマフィアのドン。
Kでは欲望のためにはなんでもする地主。

Vlcsnap2310929

長男:Gでは感情的で短絡的なファイターで、父が狙撃されるきっかけをつくる。
Kでも同じく感情的なファイターで、父が殺されるきっかけをつくる。

Vlcsnap2310520

次男:Gでは気の弱い性格。父が狙撃されるを見ながら、なにも出来ず、ファミリーの仕事から外される。
Kでは線の細いインテリ。父が殺されるのを予期しながら、なんら手を打てず、
自責の念から発狂する。

Vlcsnap2311502

三男:Gでは家を飛び出して第二次世界大戦に従軍する。
帰ってきて、事件の全てを収束させる。
Kでは家を出て僧院に入る。帰ってきて事件の全てを収束させる。

Vlcsnap2307893

カラマーゾフは、作者の死によって実現しなかったが、
実は第二部が構想されていて、
その主人公は三男になるはずであった。
ゴッドファーザーの第二部は、
原作では書かれなかったが、映画化されて、
実際それしか展開しようがないのだが、
三男マイケルが主人公になった。

Vlcsnap2314942

「ゴッドファーザー」が、
名作として称えられているのは、
ある意味当然とも言えるだろう。
文学の最高傑作の恩恵を、有効に活用しているのであるから。

そしてカラマーゾフの兄弟も、
作中に結婚式が登場するのだが、
続きは次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2008年1月 »