« 白とボルドー | トップページ | 筆跡鑑定デザイナー2 »

筆跡鑑定デザイナー

当社デザイナー咲野の筆跡鑑定能力については、

以前記事にしたことがあった。

http://siesta.tea-nifty.com/column/2004/09/post.html

その後すっかり調子に乗って、

字という字を全て解析しだしている。

今回は第二弾である。

この書を見せて判定してもらったのだが、

作者はもちろん伝えていない。

http://www.okyu.org/images/suekata/mijika1.gif

いわく、

「芸術もする、遊びもするんだけど、それはあくまでおまけで、

なにかはっきりとはわからないけど、物凄く強い芯のようなもの、

権力欲か殺人欲かわからないけど、そういう殺伐とした芯がすごく強い。

人間ではないくらいに強い」

・・・・豊臣秀吉である。

ちょっと怖くなったところで、次はこちら

http://www.shinsei8oku.com/kakuei.jpg

いわく、

「芸術も楽しむけど、それは教養としてで、

本心はとても小心で、真面目で、物凄く優秀な、

事務能力の高い、官僚のようなひと」

・・・・・田中角栄である。

これは少々、物悲しい判定である。

田中角栄は、「今太閤(太閤とは秀吉のこと)」とまで呼ばれた人で、

あまりに強力なので、「コンピューターつきブルトーザー」というあだ名もあったくらいである。

本当は小心だったのだなあ。

ちなみに、咲野の判定の仕方だが、

「文字の意味は読まない。読んだらわからない。線の性質だけで見る。

自分が、過去にこんな線を書いたとき、どんな気持ちだったかを思い出して、

その気持ちでずーっと過ごしているのが、その人だ。

だから過去に自分が書いた線と、そのときの気持ちさえ思い出せば、

こんな判定は誰でもマスターできる」

そうである。

しかし、そんなことは普通、

覚えてもいないし、

思い出しもしないわけで、

当然マスターしようという気も、起きません。

この連載続きます。

|

« 白とボルドー | トップページ | 筆跡鑑定デザイナー2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も鑑定してほしいけど、怖いような気もします・・・・。

投稿: asu | 2008年3月 7日 (金) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筆跡鑑定デザイナー:

« 白とボルドー | トップページ | 筆跡鑑定デザイナー2 »