« ブライダル写真? | トップページ | 1、ファッション史のツボ »

ブライダル写真?その2

珍しく反響があったので、

いきなり続編である。

Img_3672

3月、TERAKOYAさんでの挙式。

ヘアメイクは変則的に、髪が福田さん、メイク高橋さん。

写真撮影は木下ひろこさん。

Img_0413

Img_3716

四国徳島に、「立木写真館」という、

テレビドラマにまでなった有名な写真館がある。

私の理解では、現在の全国の結婚式の写真業務は、原則的に、

その写真館の編み出したやりかたの、延長線上にある。

豪華なアルバムを残すための撮影である。

いわゆる、きめきめの撮影である。

彼らのことは大変尊敬しているし、

当時の機材、および結婚式のスタイルでは、

それ以上の良いやり方は、考えられない。

しかし、時代は変わった。

Img_3751

Img_3759

機材は安く、優秀になり、

デジタル化によって、1枚あたりのコスト計算が意味をなさなくなった。

Img_3787

結婚式のありかたも変わった。

昔は高砂というところが必ずあり、

仲人というひとが、新郎新婦の両側を

がっちり固めていたものだ。

Img_3820_2

Img_3896_2

Img_3945_2

Img_3982_2

Img_3997_2

当時は和装が中心で、

新婦はしめやかに語らい歩み、

をりふしに瞳をあげるかどうかまではいざ知らず、

現実の花嫁も、動かない、静的な存在であった。

Img_4123_2

Img_4150

時代はめぐって現在、花嫁衣裳といえばドレスが中心になった。

そして、ドレス業界には、

「女性が笑うとき、ドレスも笑わなければいけません」

という有名な言葉がある。

ドレスは、女性の動きに柔らかく追随してこそドレスだ、

という意味なのだが、

この言葉を発したのは、マドリーヌ・ヴィオネというデザイナーで、

彼女は、そのデザインに対する好悪はまったく別にして、

ドレス製作能力は、クリストバル・バレンシアガと並んで、

歴史上最も高い位置にあり、

サッカーにおけるペレとマラドーラといったらわかりやすいだろうか、

私たちもこの二人の能力には畏敬の念を抱いているのである。

Img_4212_2

Img_4229_2

そう、和装は止まっているが、

ドレスは動く。

Img_4276_2

Img_0575_2

木下ひろこさんはその花嫁の一瞬の動きに、

永遠の刻印を刻み込む。

Img_0533_2

Img_0535_2

それらの写真は上垣さん同様、

「自然である」と言われることが多いが、

私に言わせれば、自然ではない。

Img_4510_2

Img_4527_2

ソフトフィルターをかけず、

被写体深度が深めで、

厳しいほど構図が明快な、

クリアーで強い写真である。

Img_0640

Img_4573

Img_4655_2

|

« ブライダル写真? | トップページ | 1、ファッション史のツボ »

写真の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブライダル写真?その2:

« ブライダル写真? | トップページ | 1、ファッション史のツボ »