« BCによる撮影 | トップページ | ポージング »

5、洋服のパターンの重要性

最初簡略に書こうと思っていたこの話題ですが、
なんだかどんどん長くなっています。
ヴィオネを書こうと考えれば考えるほど、
当たり前ですが、長くなります。
困ったものですが、仕方がないですね。

それでヴィオネですが、
話の順序から三番目になりましたが、
この話題で触れる4人、
ポワレ
シャネル
ヴィオネ
バレンシアガ
の中では、一番古い人物です。
生没年を記入しますと、

ヴィオネ:1876~1975
ポワレ:1979~1944
シャネル:1883~1971
バレンシアガ:1895~1972

となります。一番早く生まれて、一番遅く亡くなっています。享年99歳!。
一般に、ポールポワレが女性をコルセットから開放したと言われていますが、
ヴィオネによれば、彼女が開放したのが早いらしくて、
そこらへんの事情は混沌としているのですが、
だいたいそんなふうなライバル関係です。

それでこの人は、パタンナーとしては、今日でも過去最高と言われる存在です。
洋服が他の服と大きく異なる点は、
パターン(型紙)作りの重要性が高いということです。
和服なんかは、だいたい決まりきった大きさで作りますね。
丈が長すぎたら、着るときに折り込んでしまう。
だからパターン(型紙)の重要性が低い、
そのかわり生地を作るのが大変で、
良い生地でないと着物にならない。
縫いも非常に繊細で、場所によっての縫い方の変化は繊細を極めますが、
それでもパターン的な苦労は(やったことありませんが)
おそらくほとんど無い。

料理で考えるとわかりやすくて、
日本料理は鮮度の高い素材を、
簡単な調理方法、例えば刺身ならば切るだけ、
もっとも名人になると高度な包丁捌きをするそうですが、
それでも悪い魚だと、名人でもどうしようも無いわけでして、
素材重視というか、素材に依存しきった料理体系です。
西洋の料理はぐつぐつ煮込んで、ソースを作って、
よく言えば知的で立体的ですが、
悪く言えばあまり食材は良くなさそうだなあと、
そんな感じがあります。

同じように、洋服はその知的で立体的な部分が、
大変重視されるのですが、
それはほとんど呪いに近いくらいでして、
1)着る人の体に、サイズがぴったり合っていなくてはならない。
2)人間の体の曲線を、演出しなければならない。
という二つの条件を、なにがなんでも満たさなければならないのです。
まずはこの写真ご覧下さい。

0

記述するだにおぞましいことですが、
この絵に描かれているおじさんは、
実は、自分の脚線美に自信を持っており、
それを強調するために、
わざわざタイツを穿き、
わざわざ服の裾を跳ね上げているのです。
嫌な自信ですね。
足のポジションが、
なんとなくレースクイーンのそれに似ているのも腹立たしいです。

しかしともかくもこれが、洋服の原理と言うべきものです。
こちらの写真と比べてください。

3

どちらが美しいかは別として、
どちらがセクシーかと聞かれれば、
(むかつきますけど)
前者と答えざるをえないでしょう。
大人しく穀物を食んで過ごしていた我々と違って、
むこうは肉食民族ですから、
むきむきの肉体をどこまでも誇示して行く、
そういう路線なのです。

しかしここで疑問に感じるのは、
「だったらぴったりした服を作るよりも、
もっと積極的に肌を露出したほうがセクシーではないのか?」
ということなのですが、
それについての話がまたもや少々面倒なので次回にします。

|

« BCによる撮影 | トップページ | ポージング »

短期攻略ファッション史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BCによる撮影 | トップページ | ポージング »