« 写真の品格 | トップページ | 金沢三代 »

6、西洋人の服飾観

えらく久々の更新になりました。

忙しくて更新できなかったのもありますが、

悩んでいました、以下の画像を掲載するかどうか。

実はまだ悩んでいます。

ですのでその前に歴史的な背景を説明いたしますと、

だいたい南方農耕民族の服はわりとからだにゆったりした構造で、

北方騎馬遊牧民族の服はからだにぴっちりした服です。

チャイナドレスは体にぴっちりしていますが、

これは清朝の支配者階級、当時満州に居住していた、

女真族という騎馬民族の服がチャイナドレスと呼ばれている、というだけの話で、

漢民族の伝統服は、基本だらりとしています。

西洋人もギリシャ、ローマまでは農耕系のゆったりした服でしたが、

ゲルマン民族が大挙襲来してから、基本ぴっちり系の服になりました。

さてそれで、

ぴっちり系の服の民族は、「肌を人前にさらしてはいけない」

という倫理道徳がなぜか成立するのです。

逆にゆったり系民族は、わりとそこらへんルーズです。

今の私たちの感覚では、西洋人のほうが露出度が高いのですが、

幕末日本に来た西洋人の日記など読むと、当時は違ったようです。

「~私たちが街中を通り過ぎると、異人が来たといって日本人が騒ぎ出し、

銭湯に入っていたうら若き女性が、裸のまま道端に飛び出してきて、

口をぽかんと開けたまま、珍しそうに私たちを眺めていた」

とかなんとか書いた日記が残っています。

実際、地方出身40代の私の子供時代には、

夏場になると上半身裸のお婆さんや、

田んぼにお尻を突き出しているお婆さんが

(つまり、少しでも肥料にしようということです)

ごくごく普通に存在していたのでございます。

と、ここまで書いて、問題の画像です。

西洋人の服飾観はつまり、こういうものです。

なんと馬鹿げたと、女性の皆様はお笑いになると思いますが、

とにかくこれが連中の発想の基本にある以上、どうしようもありません。

絶対に素肌は見せない、それでいて可能な限りにセクシーに、

その2点が至上命題にして最優先課題なのであるから、

少々コミカルになるのは、まあ大目に見ようじゃないか、という感じですね。

01

02

「ファッションの歴史」より)

|

« 写真の品格 | トップページ | 金沢三代 »

短期攻略ファッション史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真の品格 | トップページ | 金沢三代 »