« 過去完了の結婚史1 | トップページ | 過去完了の結婚史3 »

過去完了の結婚史2

この結婚制度の話はエマニュエル・トッドの著作に詳しい。
このトッドという学者、私見によれば、
ウェーバもマルクスも完全に抹殺してしまう、
それほどの画期的研究をした大学者である。
私の知る限り、過去の社会科学者中最大の存在である。

これほど画期的な研究があまり人口に膾炙していないのはどうしたことだろうか。
かれの研究によって、世界はずいぶん見渡せるようになったというのに。

|

« 過去完了の結婚史1 | トップページ | 過去完了の結婚史3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過去完了の結婚史1 | トップページ | 過去完了の結婚史3 »