« 過去完了の結婚史2 | トップページ | 過去完了の結婚史4 »

過去完了の結婚史3

エマニュエル・トッドの主張を一言で言うならば、
「全ては家族形態によって決定されている」
ということである。

実際には全てではない。しかし大部分は家族形態によって決定されている。
そして地球上の人類の家族形態は一つではない。

たとえば共同体家族というものがある。
基本的に大家族という理解でよいのだが、
これはロシアや中近東や中国で見られる家族形態である。
と書くと歴史をご存知の方はすぐに理解されるであろう、
つまりモンゴル帝国支配地は基本的に共同体家族なのである。
そして日本はそうではない。
蒙古襲来を防げたからである。

|

« 過去完了の結婚史2 | トップページ | 過去完了の結婚史4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過去完了の結婚史2 | トップページ | 過去完了の結婚史4 »