短期攻略ファッション史

6、西洋人の服飾観

えらく久々の更新になりました。

忙しくて更新できなかったのもありますが、

悩んでいました、以下の画像を掲載するかどうか。

実はまだ悩んでいます。

ですのでその前に歴史的な背景を説明いたしますと、

だいたい南方農耕民族の服はわりとからだにゆったりした構造で、

北方騎馬遊牧民族の服はからだにぴっちりした服です。

チャイナドレスは体にぴっちりしていますが、

これは清朝の支配者階級、当時満州に居住していた、

女真族という騎馬民族の服がチャイナドレスと呼ばれている、というだけの話で、

漢民族の伝統服は、基本だらりとしています。

西洋人もギリシャ、ローマまでは農耕系のゆったりした服でしたが、

ゲルマン民族が大挙襲来してから、基本ぴっちり系の服になりました。

さてそれで、

ぴっちり系の服の民族は、「肌を人前にさらしてはいけない」

という倫理道徳がなぜか成立するのです。

逆にゆったり系民族は、わりとそこらへんルーズです。

今の私たちの感覚では、西洋人のほうが露出度が高いのですが、

幕末日本に来た西洋人の日記など読むと、当時は違ったようです。

「~私たちが街中を通り過ぎると、異人が来たといって日本人が騒ぎ出し、

銭湯に入っていたうら若き女性が、裸のまま道端に飛び出してきて、

口をぽかんと開けたまま、珍しそうに私たちを眺めていた」

とかなんとか書いた日記が残っています。

実際、地方出身40代の私の子供時代には、

夏場になると上半身裸のお婆さんや、

田んぼにお尻を突き出しているお婆さんが

(つまり、少しでも肥料にしようということです)

ごくごく普通に存在していたのでございます。

と、ここまで書いて、問題の画像です。

西洋人の服飾観はつまり、こういうものです。

なんと馬鹿げたと、女性の皆様はお笑いになると思いますが、

とにかくこれが連中の発想の基本にある以上、どうしようもありません。

絶対に素肌は見せない、それでいて可能な限りにセクシーに、

その2点が至上命題にして最優先課題なのであるから、

少々コミカルになるのは、まあ大目に見ようじゃないか、という感じですね。

01

02

「ファッションの歴史」より)

| | コメント (0)

5、洋服のパターンの重要性

最初簡略に書こうと思っていたこの話題ですが、
なんだかどんどん長くなっています。
ヴィオネを書こうと考えれば考えるほど、
当たり前ですが、長くなります。
困ったものですが、仕方がないですね。

それでヴィオネですが、
話の順序から三番目になりましたが、
この話題で触れる4人、
ポワレ
シャネル
ヴィオネ
バレンシアガ
の中では、一番古い人物です。
生没年を記入しますと、

ヴィオネ:1876~1975
ポワレ:1979~1944
シャネル:1883~1971
バレンシアガ:1895~1972

となります。一番早く生まれて、一番遅く亡くなっています。享年99歳!。
一般に、ポールポワレが女性をコルセットから開放したと言われていますが、
ヴィオネによれば、彼女が開放したのが早いらしくて、
そこらへんの事情は混沌としているのですが、
だいたいそんなふうなライバル関係です。

それでこの人は、パタンナーとしては、今日でも過去最高と言われる存在です。
洋服が他の服と大きく異なる点は、
パターン(型紙)作りの重要性が高いということです。
和服なんかは、だいたい決まりきった大きさで作りますね。
丈が長すぎたら、着るときに折り込んでしまう。
だからパターン(型紙)の重要性が低い、
そのかわり生地を作るのが大変で、
良い生地でないと着物にならない。
縫いも非常に繊細で、場所によっての縫い方の変化は繊細を極めますが、
それでもパターン的な苦労は(やったことありませんが)
おそらくほとんど無い。

料理で考えるとわかりやすくて、
日本料理は鮮度の高い素材を、
簡単な調理方法、例えば刺身ならば切るだけ、
もっとも名人になると高度な包丁捌きをするそうですが、
それでも悪い魚だと、名人でもどうしようも無いわけでして、
素材重視というか、素材に依存しきった料理体系です。
西洋の料理はぐつぐつ煮込んで、ソースを作って、
よく言えば知的で立体的ですが、
悪く言えばあまり食材は良くなさそうだなあと、
そんな感じがあります。

同じように、洋服はその知的で立体的な部分が、
大変重視されるのですが、
それはほとんど呪いに近いくらいでして、
1)着る人の体に、サイズがぴったり合っていなくてはならない。
2)人間の体の曲線を、演出しなければならない。
という二つの条件を、なにがなんでも満たさなければならないのです。
まずはこの写真ご覧下さい。

0

記述するだにおぞましいことですが、
この絵に描かれているおじさんは、
実は、自分の脚線美に自信を持っており、
それを強調するために、
わざわざタイツを穿き、
わざわざ服の裾を跳ね上げているのです。
嫌な自信ですね。
足のポジションが、
なんとなくレースクイーンのそれに似ているのも腹立たしいです。

しかしともかくもこれが、洋服の原理と言うべきものです。
こちらの写真と比べてください。

3

どちらが美しいかは別として、
どちらがセクシーかと聞かれれば、
(むかつきますけど)
前者と答えざるをえないでしょう。
大人しく穀物を食んで過ごしていた我々と違って、
むこうは肉食民族ですから、
むきむきの肉体をどこまでも誇示して行く、
そういう路線なのです。

しかしここで疑問に感じるのは、
「だったらぴったりした服を作るよりも、
もっと積極的に肌を露出したほうがセクシーではないのか?」
ということなのですが、
それについての話がまたもや少々面倒なので次回にします。

| | コメント (0)

4、シャネル~宝石ニクソン

ココ・シャネルについて説明するには、
しばらく相当退屈な話にお付き合いいただかなくてはなりません。

私たちは今、
紙で出来たお金や、
預金通帳に印字された金額や、
ネットバンクをしていてパソコンの画面に映された数字を、
「これはお金なんだ」
と信じ込んでいます。

でもそれは歴史的に見て、
かなり新しいことなのです。
大昔の人が見たら、
「そんなもんは詐欺だ、だまされるな」
と言ったと思います。

昔はお金といえば、
金(きん)そのものでした。
小金虫さんが金持ちになられたときには、
金蔵を建てて、
そのなかに金(きん)そのものを蓄えていました。

ところでお金というものは、
皆が日常的に使うものです。
ですからある程度の量が必要です。
そして皆が日常的に、沢山使えば使うほど、
商業の取引量が増えて、景気がよくなって、
つまり、経済が発展するのです。
つまり、皆が豊かになるのです。

でも、採掘された金の量は限られていますし、
その少ない金のなかから、
小金虫さんのような人が、自分の金蔵に蓄えてしまいます。
これではとても、普通の人が使うお金がありません。
流通する絶対量が少なすぎるのです。
だからと言って金を急に沢山採掘できるってわけでもない。

そこで人類は考えました。
「金引き換え券」をつくろうと。
それを沢山印刷して、
金の変わりにしようと。

小金虫さんの持っている金と同額の金引き換え券を印刷すれば、
お金の量が2倍になります。ちょっとずるをして、
小金虫さんの持っている金よりも多くの引き換え券を発行すれば、
お金の量は一気に何倍にもなります。

これは大変いいことですね。
皆がお金を使えるようになります。

もしも引き換え券を持った人全員が、
いっぺんに金との引き換えを希望して殺到すると困ります。
なにしろそれだけの金は、もともと持っていませんから。
でもみんなが豊かになるためにはこれしか方法がない。
多分みんな小金虫さんを信用しているから大丈夫だろう、、、

これが、今日の紙幣の起源です。
小金虫さんは、中央銀行と呼ばれるようになりました。
日本でしたら、日銀ですね。

そして、便利ですので、
中央銀行は、3倍、5倍、10倍と、
発行する紙幣をどんどん増やしてゆきました。
でもみんな、そのほうが商取引が活発になるので、
気にしませんでした。

そりゃそうです。
紙幣が増えて、商取引が活発になったほうが、
人間は豊かになれますからね。
自分たちがリッチになるための工夫に対して、
どうして文句をつける必要があるでしょうか?

そして、そのうち、日本の小金虫さん、つまり日本銀行が、
金との引き換えを完全にとめてしまいました。
だれも、気にしませんでした。
世界中の小金虫さんも、次々と引き換えを停止しました。
だれも、気にしませんでした。

そしてとうとう、その時が来ました。
最後まで引き換えをしていた、
アメリカでも金との引き換えが停止されたのです。
ニクソン大統領がその決断をしたのは、
1971年のことでした。
これ以降、紙幣は金と切り離された存在になりました。

と長々と説明してきましたが、
もうお分かりだと思います。

Ug271

ココ・シャネルという存在の、最大の意義は、
本物の宝石で出来たダサいアクセサリーより、
よくデザインされたイミテーションのアクセサリーのほうが、
価値があるのだと、そのように言い始めたことにあります。

宝石は金と同じで、急に沢山採掘しようとしても、
できるものではありません。
だからシャネルがそういっても、だれも、文句をつけませんでした。

そりゃそうです。
豊富な選択肢を持って、自由にコーディネートしたほうが、
女性は美しくなれますからね。
自分たちがより美しくなれる工夫にたいして、
どうして文句をつける必要があるでしょうか?

Mo803

そんなわけで、ファッション界は、
政治的にはポワレによって、
経済的にはシャネルによって、
完全に近代社会に対応したものに変貌したのです。

それにしても不思議です。
引き換えることが出来ないほどの額の引き換え券を発行するなんて、
悪いことです。
でもそれを、物凄く大規模にすることによって、
人類は発展し、豊かになりましたから、
良いことになるのですからね。
変な理屈です。

この理屈、なにかに似ていますね。
そう、
「一人殺せば殺人犯、一万人殺せば英雄」
という理屈です。
ここらへん、政治と経済の二つの切り口から見た、
人類社会の持つ、
大きな、
実に大きな、
闇の部分の断面と言えそうです。

ともかくもこれで、
ファッション界が近代社会に適応するための、
政治的、経済的環境は整いました。
あと必要なものは、
機関車、黒船、自動車、飛行機、パソコンなどを作る、
エンジニアたちです。
ワットやニュートンが必要になってくるのです。
といっても所詮は服屋ですので、
複雑な方程式が必要というわけではなく、
パターン、つまり型紙の開発が全てです。
次回はマドリーヌ・ヴィオネについてご説明いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3、ポワレ~コスプレ帝国主義者

彼の本質、存在意義は、
1枚の写真を見ればだいたい分かります。

http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Poiretdress.jpg

典型的にオリエンタリズムな服装ですが、
ポワレはこんなことを、
世界中の衣装でやっていました。
着物風ドレスあり、
中国風ドレスあり、
こういうことはつまり、
「着て楽しむ文化人類学」とでも言うべきもので、
その根底にあるのは、
帝国主義です。

近代ヨーロッパは、
全世界をその支配下におきました。
支配者サイドに立った人間は、不思議なもので、
やみくもな収集癖がつくのです。
全部の資料を集めたい、
地球上の人々の全ての情報がほしい。

今日そういうことをしているのが、
Googleという会社でして、
地球上の全ての場所の地図と衛星写真が見れる、
全てのウェブサイトが検索できる、
そういうことをやっていまして、
それでGoogle内部では、
「自分たちは地球政府を作るための仕事をしている」
と、そういう意識でやっているそうでして、
これなんかネット帝国主義とでも言うべき、
気宇壮大な志ですが、
ポール・ポワレと、
彼を支持した当時のパリの人々は、
今日のGoogle社員のような気持ちで、
世界中のコスチュームを、
自分たちのものにしようとしていたのです。

Img_3452

というわけでポワレの説明は終わりで、
googleのおかげでわりと簡単に済んだのですが、
次のシャネルは少々やっかいです。

世の中というものは、
政治と経済で出来ていまして、
近代社会の政治をファッションで体現したのがポワレならば、
経済を体現したのがシャネルなのですが、                           その経済の話に少々基礎知識が必要なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2、写真とファッション

ファッションデザインは、
政治家タイプの
ポール・ポワレと
ココ・シャネル。
エンジニアタイプの、
マドリーヌ・ヴィオネと、
クリストバル・バレンシアガ
この4人に集中していると言いました。

この4人で、絵画ならルネサンスからピカソまでくらいの、
それくらいのウエイトがあります。
それはなぜなのでしょうか。

その理由は服の製作者の知名度が十分に上がったのは、
ようやく19世紀終わりごろからだからです。
期間的に短いのです。

画家で考えましょう。
昔の画家は、例えば
「高名なミケランジェロのシスティーナ礼拝堂の壁画」
などを実際に見学に行って、
絵を勉強しました。
その画家は当然、ミケランジェロの影響を受けます。
そんでもって、その画家の弟子も、
(師匠がミケランジェロの影響を受けていますから)
当然ミケランジェロの影響を受けます。

そうやって、名の知れた画家の作品は、
後世に影響を与え続けます。
絵が残り、名前が残っている限り、
影響は続きます。

しかし服は、絵のようには残りません。
実用品ですから、擦り切れてしまって、消えてなくなるのです。

古い服装を研究する人は、
当時の絵画を参照しますが、
画家が服の内部構造を理解できて描いているわけではありませんからね。
資料にはなりますが、あんまりあてにならないのです。

だからこそ、ファッションデザイナーなる職業の存在の基盤は、
写真にあるのです。
写真が発明されたのが19世紀前半、
誰でも使える道具になったのが、19世紀末、
Vogueの創刊が同じくらいです。

写真というかたちで、
服のデザインが、
服の流通以上の広がりで流通してゆく。
そしてようやく、ファッションデザイナーが
知名度を持ち始めるのです。

Machi209

映画という技術が確立したからこそ、
映画監督や映画俳優という仕事が発生したように、
ファッションデザイナーと言う仕事が誕生したのは、
写真という技術が根本になっています。
あくまでテクノロジーの上に乗っかった存在です。

もちろんそれ以前から服をデザインする人はいたわけですが、
ただ服屋さんの責任者さん、という存在でしかなかったのです。
もちろん画家のような知名度のあるひとは一人も居ません。
そんなわけで、美術界や音楽界や文筆界に当たり前のように存在する、
「時代を超えて影響を与える、受ける」
ということが、この業界では、ほとんど無かったのです。

遅いですね。
服は太古から存在するのに、
服を立案する人が、現在のような存在になったのは、
つい最近のことなのですから。

私たちは、
ミケランジェロの名前を知っていますが、
同時代にイタリアで服を作っていた人の名前は知りません。
それはそれで、良いことでも悪いことでもないのですが、
写真技術の確立を背景として、
「俺はミケランジェロのような存在になってやる」
という野望を抱いた服屋さんが現れました。
それがポール・ポワレなのですが、
長くなりますので続きは次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1、ファッション史のツボ

少しご質問いただきましたので、
ファッション史を要約して説明します。

と言うとかならず、
「要約するな!!!すっ飛ばすな!!」と怒る人が出てくるのですが、
だいたい歴史とは、要約です。
実際に起こったことの全てのディティールの説明は、不可能です。
ですから細かいところはすっとばして、
適当に概略だけを述べる。
それを私たちは、歴史と呼んでます。

ファッションの歴史もそうでして、
全ての時代の全てのデザイナーの全ての服の全てのデザインの、
と延々と説明を続けていっても、
膨大な時間とうんざりするような手間ばかり浪費されていって、
何も得るところがありません。

要領よく、ポイントを十分に把握して、
後は省いてしまうのが得策です。
後の細かい部分は、ポイントさえ理解しておけば、
誰でも自然に理解できてゆくものなのです。

000

ではファッションの歴史のポイントはなにか。
それは20世紀に活躍した、4人のデザイナー、
そのうち2人は「政治家タイプ」で、
そのうち2人は「エンジニアタイプ」なのですが、
彼らの仕事についての知識さえあればよいのです。

政治家タイプのデザイナーは、
ポール・ポワレと、
ココ・シャネル。

彼らは服作りが好きと言うよりも
世の中を動かすほうが好きで、
その手段として服作りがあった、という人々です。
政治家をはじめとして、
広告代理店やテレビ局、映画会社などにも、
多く居そうなタイプです。

エンジニアタイプのデザイナーは、
マドリーヌ・ヴイオネと、
クリストバル・バレンシアガ。

かれらは世の中の事にあまり関心が無く、
ひたすら服作りを探求してゆきます。
自動車や電機メーカーの、開発部門や工場には、
こんなタイプが大量に居そうですね。

乱暴な言い方すぎるかもしれませんが、
この4人が分かれば、
実はファッション史の8割は攻略済みなのです。
19世紀以前のことも、現代のことも、
研究していけない、ということはありませんが、
研究する必要は特にありません。
彼ら4人からの類推で、他はだいたい理解できてしまうのです。
美術で言えば、この4人で、
ルネサンスからピカソあたりまで全て網羅しているくらいの、
それくらいのウエイトなのです。

では、なぜそんなに少数の人にウエイトが集中しているのか。
そこらへんのお話は、
次回とさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)