業務連絡系

色々

サイトマップ

http://www.siesta-dress.com/sitemap.html

にドレスの分類を加えました。

まだ製作途中ですが、やたら時間がかかりそうなので、

とりあえずのかたちでアップしておきます。

Nagisa様のドレス、

http://www.siesta-dress.com/brides/ng/preta4.html

色々反響いただいております。有難うございます。

Nagisa様はAyako様

http://www.siesta-dress.com/brides/tu/4style8.html

からご紹介いただいたお客様なのですが、

Ayako様のドレスがもう二度と作りたくないくらい複雑な構造のものであるのと反対に、

Nagisa様のドレスは究極シンプルデザインになったのは不思議です。

話変わって、最近みつけた文章ご紹介します。

田中優子という日本史の学者さんいらっしゃいますが、

その方の「きもの草子」

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE%E8%8D%89%E5%AD%90-%E7%94%B0%E4%B8%AD-%E5%84%AA%E5%AD%90/dp/4473032477

このまさに表紙の写真、蝶の舞っている着物の話です。

「・・・ところで、この着物はまさに、老いた蝶の着物である。
地色になっている鮮やかに輝く山吹色は、
私が二十代のころそのまま着ていた色だ。
うねる波の地紋が入っている。
近づくと波に輝き、遠ざかると無地に際立つ。
裏も同色を遣い、色無地ではあるが派手な着物であった。
よく友人達の結婚式に、これを着て出席した。
いわば「一張羅」である。

しかしある日気がついたら、この着物は自分の身体から浮き上がっていた。
まったく身につかない。
私が老いたからであった。
三十代のころの話である。

母はさらに老いた蝶として、これを地味にする方法を伝授してくれた。
つまり濃い色を使って文様を染め、
それでも着れなくなったら、最後は全体を染める、
という方法である。
なるほど着物というものはそのようにして生まれ変わり、
作り変えられ、何十年も生き延びるものである。

(中略)

この着物にもその最初の変身のときがやってきた。
そして焦げ茶色の大きな蝶が舞うこととなった。
三十代から四十代なかばの私は、
この着物に蝶と同じ色の無地の帯をしめ、
祖母から代々伝わった翡翠の帯留めをつけて着た。

見事に違う着物に生まれ変わったが、
今の五十代の私は、もうこれすらも着ることはできない。

着物の変身をさらにすすめるとすれば、
次には、蝶をこのままにして着物全体を海老茶色に染め、
濃茶色の蝶が闇を舞うようにすることだろう。

さらにその次には、全体をこの蝶と同じ色に染め上げるとしよう。

こうして、蝶は闇の中に融けて消えゆく。
次には私が、闇の中に融けて消えゆく」

これを読んではじめて、女性の服にたいするこだわりが、

少し理解出来たような気がしたので、ここでご紹介させていただきました。

| | コメント (0)

クチュールラインについて

今回アップさせていただいたYukiko様

http://www.siesta-dress.com/mr/couture1.html

ですが、「クチュールライン」という新しい分類です。

これは、デザインを「全て」お任せいただいた場合の名称でして、

何スタイルあるかどうかは、関係ありません。

「デザインの希望はナシ、これくらいの予算で、

似合うドレスを作って下さい」

というかたちで、ご発注を受けております。

「クチュールライン」の最初の作品は、実は、

Yme064

こちらの赤ドレスなのですが、

今回Yukiko様はクチュールラインのドレスのみで、

一日を過ごされましたので、

そのような分類にさせていただいた次第です。

Mr092

生地構成ですが、

生成りのイタリア製サテンシルクに、

同じく生成りのソルティスレースをふんだんに手刺繍してあります。

大変ゴージャスではあるのですが、

それよりむしろシックな雰囲気を重要視してお作りいたしました。

ドレス名のValencia(バレンシア)は、

我々が最も敬愛するデザイナー、

クリストバル・バレンシアガにちなんで名づけられたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HPリニューアル

Ai122

HPリニューアルいたしました。

花嫁のお写真、掲載順序が乱れていましたので、

整理いたしました。

合わせてスクロール方向も整えました。

今後は順序どおりに掲載いたします。

Ai123

| | コメント (1) | トラックバック (0)

同伴

恥ずかしいのであまり言いたくないのですが。

Img_3250

当店は狭いです。

もちろん一人でご来店でも大丈夫ですし、

お母様や、新郎やお友達と一緒にご来店頂くのも、

全く問題ございません。

が、しかし、ゆったりとくつろげる空間がありませんことを、

同伴の皆様に予めお伝え下さいませ。

Img_2151

元来デザイナーが、趣味で始めた店が、

そのまま惰性で存続してきて10年になりますが、

依然としてスペース問題は改善いたしておりません。

.

お客様も一度にお一人しか入れませんので、

スケジュール調整にはしばしば難渋いたします。

ご来店のご予約も、どうぞお早めにお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

順序

いささかポリシーの無い話だが、

あまりにも花嫁の掲載が遅れてゆくため、

今後は昨年秋のお客様と、今年春のお客様、

交互に掲載させていただくことにした。

Img_7235_1

こんな小さなショップが、

流行を気にするのは、馬鹿げているように見えるだろうが、

それでも我々にとっては、かなり重大な問題なのである。

半年遅れなら、なんとか現在のラインに、

近いラインをご案内できるのではないかと思っている。

今年春のラインは、

昔懐かしい、縦スクロールである。

秋のラインは、今までどおり横スクロールでお届けいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご紹介

過去のお客様に、

新しいお客様をご紹介いただいた場合、

ご紹介のお礼として、

通常「お花券」をお送りさせていただいておりまして、

アズールさん、エルスールさん、フィオレッタさんでご使用になれるものなのですが、

Otom153

今回はお姉さまからのご紹介でしたので、

おそろいの、

To0398

帯飾りを、

To0274

ご用意させていただきました。

お姉さまの存在感のある帯留めは溝部さんから、

Img_2366

妹さんの身頃のシルクフラワー手縫い付けは咲野から。

Img_9152_1 

姉妹で記念撮影です。

Otom223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記事の移動

新作ドレスをアップするとの触れ込みで始めたこの、

「裏方日記」ですが、

ドレス以外にも色々なことを掲載してゆきますので、

「裏方日記」のアップばかりになるという結果になりかかっています。

ですので分散させる意味で、

ドレスのアップは「プロセス」

(他に、「花だより」、「ご会場にて」)に移行します。

とりあえず、過去掲載の「Nami.Y様」分は、

「プロセス」に移動しましたので、

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お色直し

「ゆかたびら」という新しいドレス写真をアップしました。

ここ最近の矢継ぎばやのアップのおかげで、

とうとう14ヶ月遅れの状況にまで追いついてきた・・・

という自虐ネタはさておき、

「すずこらむ」

「Springtime」

にも注目記事が掲載されていますので、

ご覧下さい。

くしくも「ゆかたびら」は、

Img_1188

Img_1244_1

帯を変えてくるくるとお色直しするという、

和風のドレスでありました。

トップページをご覧いただければわかるとおり、

この時は、アズールさんが4種類のブーケを作るという離れ業をしてくださいました。

合わせてお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘアメイクシエスタのTopicsについて・他

ヘアメイクシエスタに

「Topics」

という項目をつくりました。

栢木さんと、木戸口さんのヘアメイクの特徴について書いています。

Mmk203_1 

高橋亜子さんについてはもうしばらくお待ちください。

とりあえず亜子さんのヘアメイクのサンプルとしては、

「Art of Brides」

をご覧下さい。

今後色々増やしてゆく予定です。

それと今後Siestaのトップページに、

最近更新分のリンクを直接貼ります。

Blogはアップするのは楽なのですが、

いちいち見て行くのが大変だということに気付きました。

少しでも楽に閲覧いただくための措置です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらに新しいBlog

実は先日挙式済みの当店のお客様なのですが、

新しいBlogをリンクに加えました。

「くものうえ日誌」といいまして、

お菓子の先生をされているかたです。

こちらからどうぞ。

当店服屋のはしくれですので、

とくにこちらの記事には感動いたしました。

最後にSiestaに来店された際には、

Img_0081

おみやげをくださいまして、

Img_0087

あけますと

Img_0088

お手製のお菓子でした。

以下はみんなで撮影した画像です。

Img_0100

Img_8057

Img_8071

Img_0125

Img_8094

Img_0132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧